ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ブラックコーヒーで太るはウソ!効果的なダイエットドリンクもご紹介!

ブラックコーヒーは体に悪いとか太るとか、色々と噂が飛び交います。
結論から言うと、ブラックコーヒーで太るはウソ。

ブラックコーヒーはカロリーもほとんどないダイエット向きの飲み物です。

本記事では、ブラックコーヒーでは太らない理由とブラックコーヒーを使った効果的なダイエットドリンクをご紹介いたします。

ブラックコーヒーで太るはウソ!

ブラックコーヒーに砂糖やミルクをたっぷり入れれば別ですが・・・
ブラックコーヒーだけで飲むのであれば、太ることはありません。

どうして太らないかというと、カロリーが少ない上に「クロロゲン酸」と呼ばれるダイエットに効果的な成分が含まれているからです。
そうです、つまり、ブラックコーヒーは飲み方が正しければ太るどころかダイエットの手助けとなる飲み物なのです!

ダイエットに効果的なクロロゲン酸とは?

クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種です。
このクロロゲン酸には、脂肪を分解する働きや脂肪燃焼を手助けする働きが期待できるため、ダイエットにはうってつけの成分です。
また、コーヒーに含まれるカフェインも脂肪燃焼効果を助けるのでブラックコーヒーはダイエットしたい時には意識して飲むと良い飲み物と言えますね。

ブラックコーヒーを使った効果的なダイエットドリンク

ブラックコーヒーを使いながら効果的にダイエットしたい人は、ぜひMCTオイルを使用した「MCTオイルコーヒー」を作ってみてください。

MCTオイルは2年ほど前に「ダイエットに効果的」と話題になったオイルですが、今でもダイエット目的や健康維持として使っている人は多いです。

MCTオイルコーヒーの作り方はとても簡単

MCTオイルコーヒーの作り方はとても簡単です。

まず、150mlくらいのブラックコーヒーを用意して、その中に小さじ1杯のMCTオイルを入れるだけ。

ちょっとかき混ぜれば脂肪燃焼を助けるダイエットコーヒーの完成です。
もしもMCTオイルの油分が気になる人は、MCTパウダーを利用してみてくださいね。

MCTオイルコーヒーがダイエットに向いているわけ

どうしてMCTオイルコーヒーがダイエットに向いているのかというと、MCTオイルには中鎖脂肪酸と呼ばれる成分が含まれているからです。

この中鎖脂肪酸は、脂肪として蓄積されにくく素早くエネルギーとして使われるという特徴があります。

だから、「ブラックコーヒーのクロロゲン酸」×「MCTオイルの中鎖脂肪酸」の相乗効果でダイエットが成功しやすくなるというわけ。

特に、運動をする前にこのMCTオイルコーヒーを飲んでおくだけで、ダイエット効果を実感しやすくなるので気になる人は試してみてください。

まとめ

ブラックコーヒーを飲むと太ると言われることがありますが、ブラックコーヒーはカロリーもほとんどないので太ることはありません。

しかし、ブラックコーヒーの中に砂糖やミルクを入れてしまうと太る原因となるので気を付けましょう。

どうしてブラックコーヒーが太らないのかというと、成分の中に含まれているクロロゲン酸が脂肪を分解するからでした。
また、カフェインも脂肪燃焼効果を助けるのでダイエットに向いている飲み物でしたね。

ブラックコーヒーでしっかりダイエット効果を実感したい時には、ぜひMCTオイルコーヒーを作って飲んでみてください。

MCTオイルコーヒーなら、「ブラックコーヒーのクロロゲン酸」×「MCTオイルの中鎖脂肪酸」の相乗効果でかなりダイエット効果を実感しやすくなるはずです。

運動前など、脂肪を燃焼させたいタイミングを狙って飲むことをおすすめします!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!