ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

コーヒーを淹れる時、ペーパーレスドリッパーを使うデメリットってあるの?メリットは?

コーヒーを淹れる時に紙のフィルターを使わずコーヒーが淹れられると今人気を集めているのが「ペーパーレスドリッパー」です。

紙ゴミが出なくてエコなアイテムで、キャンプなどのアウトドアでも使いやすいと評判です。

しかし、ペーパーレスドリッパーにもデメリットがあります。

今回は、ペーパーレスドリッパーのメリット・デメリットなど解説していきたいと思います。

コーヒーを淹れる時、ペーパーレスドリッパーを使うデメリット

まず、コーヒーを淹れる時にペーパーレスドリッパーを使うデメリットを見ていきたいと思います。

コーヒーの味がダイレクトで飲みにくい

ペーパーレスドリッパーは、紙のフィルターを通さないためコーヒーの旨味や酸味・コクなどがダイレクトに伝わる味わいが特徴です。

そのため、あっさりと雑味のない飲みやすいコーヒーが好みの方には飲みにくいコーヒーができあがってしまいます。

コーヒーの細かな粉が入ってしまう

ペーパーレスドリッパーは、紙のフィルターを通さないためコーヒーの細かな粉も一緒に抽出されてしまうことがあります。

持ち運ぶ時にかさばる

ペーパーレスドリッパーの中でも折りたたみできないドリッパーは多いので、アウトドアなどで持ち運ぶ時かさばるところもデメリットとして挙げられます。

目詰まりする

ペーパーレスドリッパーは、フィルターに油やコーヒーの粉が詰まり目詰まりしてしまうこともあります。

毎日のお手入れはもちろん、定期的なメンテナンスが必要なアイテムでもあります。

目詰まり用に洗浄ブラシも併せて持っておくと良いでしょう。

また、目詰まりした際は湯せんで洗うとスッキリ汚れを落とすことができます。

コーヒーを淹れる時、ペーパーレスドリッパーを使うメリット

しかし、ペーパーレスドリッパーにもメリットはあります。

詳しく見ていきましょう。

コーヒー本来の味や香りを楽しめる

コーヒーを淹れる時に紙のフィルターを通すと「コーヒーオイル」と呼ばれるコーヒーの油分をはじめ、香り・旨味・酸味・コクも紙フィルターに吸い取られてしまいます。

そのため、ペーパーレスドリッパーを使うと油分・香り・旨味・酸味・コクなどコーヒー本来の味と香りを楽しむことができます。

紙のフィルターを使ったドリップコーヒーは、雑味がなくスッキリとした味わいが特徴なので、その方がお好みの方は紙フィルターがおススメです。

お財布にも環境にも優しい

ペーパーレスドリッパーは、その名の通り紙のフィルターが要らない分、お財布にも環境にも優しいアイテムでもあります。

便利

紙フィルターを買い忘れてコーヒーが淹れられないというトラブルが起きなくて便利です。

また、買った紙のフィルターのサイズが合わなかったということもありません。

まとめ

コーヒーを淹れる時にペーパーレスドリッパーを使うデメリットとして、コーヒーの味がダイレクトに伝わったり、細かなコーヒーの粉が入ってしまうことがあります。

しかし、紙フィルターを通さない分コーヒー本来の味と香りを楽しむこともできます。

ぜひ、コーヒーの好みに合わせて紙フィルターかペーパーレスか検討してみてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!