ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

シフォンケーキは体に悪いはウソ!太りにくい食べ方を紹介します

シフォンケーキは体に悪いわけではないですが、太らないわけでもありません。

この記事では、シフォンケーキのカロリーやGI値、糖質量などのほか、太りにくい食べ方について解説します!

シフォンケーキが体に悪いのは甘さ

シフォンケーキは普通のケーキと違い、バターを使ってないのでカロリーは抑えられています。

シフォンケーキのカロリーや糖質量はこちらです。

カロリーや糖質量は?

シフォンケーキのカロリーは8等分した一切れで150kcalほど。糖質は16gほどになります。

ほかのケーキの一切れ分と比較してみましたが、ケーキ類の中でもかなり低いのは一目瞭然です。

シフォンケーキ 150kcal 16g

ショートケーキ 370kcal 28g

レアチーズケーキ 350kcal 17g

チョコレートケーキ 440kcal 34g

これなら二切れくらいでも平気?と思っちゃいますが、シフォンケーキってホイップクリームなどトッピングしませんか?

ダイエット中であればトッピングはナシ!1日一切れまでにしておきましょう!

太りやすさの指標:GI値が80というハイスコア

シフォンケーキはカロリーや糖質量こそ低いですが、GI値はショートケーキやホットケーキなどと同じ80という高さ!

GI値とは食後の血糖値の吸収率のことで、55以下が低GI食品、56から69までが中GI食品、そして70以上を高GI食品と分けられます。

シフォンケーキは他のケーキ類と同じ80というハイレベルのスコア!シフォンケーキを食べると一気に血糖値が上がり、それを下げるためにインスリンがたくさん分泌されてしまいます。

インスリンは血中の糖分を脂肪に変えてしまうので、太りやすい体質になってしまうのです。

このインスリンは甘いものが体に入ったことでも分泌されます。いくらカロリーや糖質が控えめであっても、油断すると太ってしまう可能性があります。

太らないためには、食べ方に気を付けると良いでしょう。

太りにくい食べ方

シフォンケーキが大好きなあなたのため、太りにくい食べ方をいくつか解説します。

・なるべく朝か日中に食べる

食べたものが脂肪になりにくいのは、午後3時です。ちょうどおやつの時間ですよね。

ちょっと疲れたな、と思ったときの甘いものはサイコーです。シフォンケーキを食べるなら午後3時がおススメです。

また食べたあとカロリーを消費しやすいので、朝食の代わりに食べるのも良いでしょう。

・1日1個まで

シフォンケーキはできれば1日1個(一切れ)までにしておきましょう。

カロリーが低いとはいえ、一切れで150kcalあります。特にダイエット中であれば、おやつはこのくらいのカロリーに抑えたいところ。

GI値も高いのでシフォンケーキがいくら大好きでも、1個で我慢しておきましょう。。

・ブラックコーヒーも一緒に飲む

シフォンケートと一緒に何を飲んでいますか?おススメなのはブラックのホットコーヒーや紅茶です。

砂糖やミルクを入れるとカロリーが上がるので、ブラックで飲みましょう。

また温かい飲み物と一緒にシフォンケーキを食べることで、食べるのにも時間がかかります。

時間をかけて食べることで血糖値の上昇も抑えられる、というメリットもあります。

糖分の入ったジュースや炭酸飲料なども良くありません。カロリー控えめの温かい飲み物と一緒がおススメです。

・ホイップクリームはトッピングしない

シフォンケーキはついトッピングしたくなりますよね。でもここはグッとこらえてください。

特にホイップクリームや生クリームなどは高カロリー。甘いもののトッピングも控えるようにしましょう。

・フルーツサンドとして朝食に食べる

シフォンケーキを朝食代わりに食べるなら、フルーツと一緒に食べるのがおススメです。

切ったシフォンケーキの間にたくさんのフルーツをサンドすると、美味しいフルーツサンドができます。

朝のフルーツはビタミンなどの栄養素が摂れるほか、代謝をアップさせたり、脂肪の吸収を抑えるといった効果もあります。

たっぷりのフルーツと一緒に朝食をお楽しみください。

瘦せにくいときは自分に合った方法を試してみて

シフォンケーキの太らない食べ方などについて解説してきましたが、それらのやり方も自分の体質に合わないと意味がありません。

これまでのダイエットは成功してきましたか?失敗してきたなら、それはダイエットの方法があなたに合ってなかったのです。

そこでお勧めなのが、一生変わることのない遺伝子体質を明らかにし、効率的な痩せ方を教えてくれる「遺伝子検査」。

「遺伝子博士」は自宅でのカンタンな検査で、あなたの遺伝的体質を分類してくれるというもの。

肥満の原因が根本からわかり、専用のサプリメントや効果的な運動法で、悩みを解決できます!

体質によっては野菜から食べると太る、という遺伝子タイプもあります。あなたに合った痩せやすい食べ順などもわかるので、ダイエットの強い味方になります。

効率良くダイエットをするなら「遺伝子博士」をおススメします!

まとめ

シフォンケーキはGI値が高く甘いので、インスリンを分泌させてしまい、脂肪をためやすくなってしまいます。

ですが糖質やカロリーは他のケーキ類に比べるとかなり抑えめで、体に悪いわけではありません。

太りにくい食べ方としては、トッピングやドリンクのカロリーを抑えたり、3時のおやつや朝食代わりにフルーツサンドで食べる方法があります。

ですがこの方法は一般的な方法で、あなたにも効果的であるかどうかはわかりません。

「遺伝子博士」では人それぞれの肥満遺伝子の組み合わせを解析し、痩せやすい食べ順や太りやすい食べ物などがわかります。

ほかにも遺伝的体質に合わせたトレーニングや、オリジナルメニュー、サプリメントなども教えてくれます。

「遺伝子博士」で自分の遺伝子情報を知り、シフォンケーキもほかのものも美味しく食べながら、効率良くダイエットしてみませんか?

⇒今すぐ遺伝子検査を試してみる

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!