ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

コーヒーを飲まない方がいい人に当てはまる5つの特徴

眠気覚ましや落ち着きたい時に飲む人が多いコーヒーは、飲まない方がいい人もいます。

コーヒーを飲まない方がいいのに飲んでしまうと、精神的にも肉体的にも悪影響があります。
本記事では、コーヒーはどんな人が飲むべきではないのかご紹介いたします。

コーヒーを飲まない方がいい人

コーヒーを飲まない方がいい人の特徴は5つあります。。
・胃が弱い人
・妊娠中の人
・貧血の人
・1日の摂取量を満たしている人
・睡眠不足に陥っている人

1.胃が弱い人

コーヒーには、クロロゲン酸と呼ばれる胃酸の分泌を促す働きがあります。
胃酸は必要以上に分泌されると刺激を受けてしまうので、逆流性食道炎などの胃にトラブルを抱えている人は飲まない方が良いです。

2.妊娠中の人

妊娠中にカフェインを摂取することは良くないことは、多くの人が知っている事実。

特に、妊娠初期にコーヒーなどのカフェインを摂取すると早産のリスクが高まったり低体重児で生まれてしまう可能性があるので、絶対に飲まないでください。

3.貧血の人

コーヒーに含まれるカフェインは、鉄分を排出する働きがあります。
なので、もともと貧血気味の人がコーヒーを飲み続けていると貧血症状がひどくなりやすいので注意が必要です。

4.1日の摂取量を満たしている人

1日にカフェインを摂取する目安は大人の場合、400mgが上限です。
これ以上飲んでしまうと、カフェイン中毒を起こして体に異常をきたす可能性があるので飲むことを控える必要があります。

また、子供のカフェインを摂取する目安は85mgが推奨されています。
子供もカフェインの摂りすぎは良くないので気を付けてください。

5.睡眠不足に陥っている人

カフェインは頭をクリアにする働きがあるため、睡眠不足で十分に睡眠をとらなければいけない時に摂取してしまうと、さらに睡眠不足がひどくなります。

ただし、これはブラックコーヒーのみに該当すること。
ブラックコーヒーの中にミルクや砂糖を入れて飲むと、1時間程度で症状が落ち着きます。

ルイボスティーはコーヒー代わりに最適

コーヒー断ち希望者に朗報です!「自分はコーヒーをあまり飲まない方がいいけど、コーヒー代わりになるものは何かないか?」
コーヒーが好きな人ならそう思ってしまうのも無理ないですね。

コーヒーの代わりになるドリンクとして一番近いのはルイボスティーです。紅茶ですね!

ルイボスティーは、コーヒーで体調を崩す原因となるカフェインが含まれていないけど、コーヒーと同じく抗酸化作用が期待できる飲み物です。

また、コーヒーを飲む人はダイエット目的で飲む人も多いですが、ルイボスティーにも便秘を解消させる効果が期待できるので、ダイエット目的として飲むことも可能です。

お腹の中が綺麗になっていくのでぜひコーヒー代わりに飲んでみてはいかがでしょうか?

コーヒー断ちをすると、頭痛に悩まされていたのが楽になったり眠気やだるさを解消することにも役立ちます。
初めは離脱症状で辛いかもしれませんが、1週間くらいで落ち着くので試してみてください。

まとめ

コーヒーを飲まない方がいい人の特徴を5つご紹介いたしました。
・胃が弱い人
・妊娠中の人
・貧血の人
・1日の摂取量を満たしている人
・睡眠不足に陥っている人

上記の症状が起こる主な原因は、コーヒーに含まれているカフェインという成分です。
カフェインは中毒症状になることもあるので、1日の摂取量を守りながら飲むようにしてください。

そして、コーヒー断ちしたい人はコーヒーの代わりにルイボスティーがおすすめでした。
ルイボスティーはコーヒーと同じように抗酸化作用が強く、ダイエット効果も期待できるのでおすすめです。

ブレイクタイムに欠かせないコーヒーをノンカフェインのルイボスティーにすると、肌も綺麗になりますよ!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!