ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

コーヒーを水筒に入れるとまずい2つの理由と美味しく飲む方法

コーヒーを水筒に入れておくと、あっという間に味が落ちます。

「どうしてこんなにまずくなったんだろう?」と不思議に感じる人もいるのでは?

その理由は、「コーヒーの酸化」と「温度低下による雑味」です。

本記事では、コーヒーがまずくなる2つの原因をお伝えしながら、水筒でも美味しく飲める方法をご紹介いたします。

コーヒーを水筒に入れるとまずい2つの理由とは?

コーヒーを水筒に入れておくと、次第にまずいと感じるようになる2つの理由をご紹介します。

・コーヒーの酸化

・温度低下による雑味

詳しく説明します。

・コーヒーの酸化

温かいコーヒーを水筒の中に入れておくと、「熱ごもり」と呼ばれる現象が生じます。

熱ごもりとは、水筒に蓋をした時にコーヒーの熱気がこもること。

水筒は保温性があるので、温かいものを入れておくと保温を通り越して過熱されてしまいます。

過熱されることで熱ごもりが起こるのですが、この熱ごもりが起こると同時にコーヒーの酸化が始まります。

そもそもコーヒーには酸味があるのですが、酸化された酸味は美味しい爽やかな酸味とは違い、不快な酸味が生じることが特徴。

そのため、水筒に入れて時間が経過したコーヒーを飲むと酸化しており「まずい」と感じます。

・温度低下による雑味

私たちの舌は、コーヒーを飲むと温度が高ければ高いほどマイルドな味わいに感じ、低くなればなるほど雑味を感じます。

そのため、温度が下がったコーヒーを飲むと自然と雑味をキャッチしてしまい、まずいと感じてしまいます。

コーヒーを水筒で美味しく飲む方法は?

コーヒー好きの人なら、遠方でも自分で簡単にコーヒーが飲みたいと思うこともあるでしょう。

水筒を利用した美味しいコーヒーを作る方法は、1つだけ存在します。

それは、コーヒーベースを作ることです。

コーヒーベースとは、簡単に言ってしまえばコーヒーの原液。

ハンドドリップと水だしの2種類の方法でよく作られるのですが、メリットは「コーヒーの美味しさだけを抽出できること」です。

コーヒーベースは、コーヒーのうま味成分だけを抽出することが出来る方法です。

だから、このコーヒーベースを作っておき、水筒の中にお湯を入れておけば飲みたい時にアメリカンコーヒーが簡単に作れます。

また、牛乳を持ち歩けば簡単にカフェオレを作ることもできますよね!

ただし、注意したいことは元々のコーヒー豆が古いものだと美味しいコーヒーベースは作れません。

コーヒーべースを作る時には、鮮度の良いコーヒー豆で作ることを心がけてください。

古いコーヒーを見極める方法

鮮度が落ちたコーヒーは、自分である程度見極めることができます。

箇条書きにまとめてみたので、使用する時や購入する時の参考にしてみてください。

・焙煎日が不明なコーヒー豆

・購入してから2週間以上経過しているコーヒー豆

・コーヒー豆ではなく粉状のコーヒー

・お湯を注いでも膨らみが悪い

・常温保存しているコーヒー豆

例えば、コーヒーを粉の状態で購入し常温保存したコーヒー粉の賞味期限は、なんと焙煎してから3日しか持ちません。

コーヒーは生鮮食品に分類されるほど、時間が経過して空気にあたればあたるほど味が落ちるため、出来るだけ気を付けながら購入や保存をしたいものですね。

まとめ

水筒の中にコーヒーを入れておくと、飲む時にまずくなっている原因は2つありました。

まずは、コーヒーの酸化による不快な酸味を感じること。

そして、温度が低下することで舌が雑味を感じやすくなっていること。

コーヒーは生鮮食品に分類されるだけあり、時間が経過するとどうしてもまずいと感じてしまうことが多いです。

どうしても美味しいコーヒーをいつでも飲みたい人は、コーヒーベースを作って飲む時にお湯や牛乳で割って飲むことをおすすめします。

ちょっと工夫するだけで、味が各段に変わるので気になる人はぜひ挑戦してみてくださいね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!