ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

クリスタルガイザーでコーヒーを淹れる!おいしく作るコツも紹介

コーヒー好きな方だと、水にもこだわりたいですよね。そこで今回の記事では、クリスタルガイザーはコーヒーを淹れる水として使えるのかどうかを水道水などと比較をしながら検証していきましょう。

クリスタルガイザーはコーヒーを淹れる水として使えるの?

水は含まれているミネラルの量によって、「軟水」「中硬水」「硬水」の3種類に分類することが出来ますが、コーヒーを淹れるときには、軟水をおすすめします。

理由は、よりコーヒー本来の甘味や酸味、風味を楽しめるからです。マイルドな舌触りのコーヒーを作ることが出来ますよ。

逆に硬水のようにミネラル分が多い水で淹れてしまうと、味わいが変化し、コーヒーの持つ酸味を感じにくくなってしまいます。
ちなみに日本の水道水も、軟水の地域がほとんどなので、一般的に美味しいと感じやすいでしょう。

クリスタルガイザーも硬度は38mg/Lと海外製品にしては珍しく軟水なので、コーヒーを淹れても美味しく仕上がります。それだけでなく、マグネシウム含有量が国産のお水よりも高いので、酸味やフレーバーの輪郭を引き出したい場合にはうってつけです。

浅煎りの「キレ」や「スッキリ」とした味わいが特徴のコーヒーはもちろん、ゲイシャ種やナチュラル・プロセスのようなフレーバー豊かなコーヒーを抽出する際にも試して欲しいミネラルウォーターだと言えるでしょう。

クリスタルガイザーでおいしくコーヒーを淹れるコツ

コーヒーを淹れる際の理想的なお湯の温度は、一般的に80℃~90℃程度とされています。水の温度が高ければ高いほど多くのコーヒー成分が抽出されますが、コーヒー豆の成分が多く抽出されたとしても、必ずしも味が良くなるわけではありません。

90度以上の高温だと苦味や酸味が強くなりすぎたり、雑味が出てしまったりと、バランスの悪い味になってしまいます。

逆に75度以下の低温でも酸味が強くなってしまいます。なので、スタンダードにバランスよくコーヒーを抽出するためには、85度ぐらいの中温が望ましいでしょう。

温度は温度計で測るか、最近では湯温を1度単位で設定できるケトルも発売されているので、そのような商品を使うのもおすすめです。

参考サイト:https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/drip.html

コーヒーを作るときは水道水だとまずい

日本の水道水は軟水であるという点は、コーヒー作りに適していると言えるのですが、どうしても水道水特有のカルキ臭や水道管に含まれる鉄分が心配です。

日本の水道水は世界でもトップレベルで安全で高品質な水ですが、その安全性を担保する上で欠かせないのが塩素による消毒です。この塩素がコーヒーの豊かな香りを打ち消してしまう原因となります。

また、水道管が劣化していると鉄分や錆が水に溶け出してしまいます。鉄分はコーヒーの主成分であるタンニンと結びつきやすいため、しばしば風味を悪くする原因となってしまうのです。

なので、完璧に美味しいコーヒーを作るためには、浄水等でカルキ抜きをしたお水や、軟水のミネラルウォーターなどを利用することによってコーヒー本来の香りやうまみを引き出すことが出来るでしょう。

コーヒーにこだわるなら、ウォーターサーバーを選ぶのもアリ

コーヒーは好きだけど、「温度管理をしたり、お湯を沸かすのが面倒!」と感じているのなら、この機会にアクアスタイルを利用してみませんか?

お湯を沸かさずとも、コーヒーを淹れる適温である85℃前後のお湯がすぐに出るので、忙しい朝に「早くコーヒーが飲みたい!」と思ったときに、すぐにコーヒーを飲むことが出来ます。

それに、水道水で入れるコーヒーが美味しくないと言われる原因として、消毒用の塩素と水道管に含まれる鉄分が挙げられるのですが、アクアスタイルならその両方を除去してくれますし、水道水は軟水なのでコーヒーの味も悪くなりません。

アクアスタイルがあれば、いつでも安定した品質の美味しい水を使ってコーヒーを楽しむことが出来ますよ!

>>ウォーターサーバーのアクアスタイルをチェック

まとめ

コーヒーの99%を占めるのは水です。なので、コーヒーの美味しさの秘訣は水にあると言えるでしょう。

水が変わればもちろんコーヒーの味も変わりますので、この機会にぜひ水にこだわってみてはいかがでしょうか?

コーヒー
最新情報をチェックしよう!