ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ゴミを分別しない!バレない可能性は?

ゴミの分別は、分別が細かくなっている地域だとめんどくさいと感じるもの。

また、暑い季節だと生ゴミを一刻も早く捨てたくて分別せずに捨ててしまいませんか?

「このくらいならいっか」と分別せずに出してしまう人もいるようですが、バレない可能性は?
本記事では、ゴミを分別しなくてもバレないのか確認してみました。

ゴミを分別しない!バレない可能性は?

ゴミを分別してバレない可能性は低いです。
バレる可能性の方が高いので絶対に行ってはいけません。

ゴミ分別を行うゴミ収集車に乗っている人たちは、ゴミが分別されているかいないかということは、ゴミを持った時に大体わかるものです。

どうして分かってしまうのか?
それは、ゴミの重さだったりゴミ同士がこすれる音で「違うゴミが入っている」と分かります。

例えば、ビニールゴミの時に生ゴミを一緒に廃棄していると…
生ゴミは水分が沢山あるので、軽いはずのビニールゴミが一気に重たくなります。

この重さだけで、ゴミ収集車の人たちは分かってしまうのですよ。
だから、「捨ててしまえば誰も気づかない」はウソ。
ちゃんとプロは持った段階で分別していないことを見破ります。

ゴミ分別をしないことがバレた時!罰は?

そもそもゴミ分別をしないことは違法になります。
廃棄物処理法第16条にある「何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。」という条例を破っていることになるので、当然罰は与えられます。

どんな罰かというと、「5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金」という罰が課せられます。

結構思い罰だなと思うかもしれませんが、地球環境を守るためには一人一人が守っていかないと自分の首を苦しめることになるので、しっかりと厳しい罰が用意されているのですね。

また、ゴミ処理の費用って税金から支払われていることをご存じでしょうか?
分別をしないと、その時は「楽できた!」と思うかもしれませんが、分別がされていないと処理費用がかさむので税金も高くなります。
やはり、自分の首を絞めることになるのです。

分別されなかったゴミはどうなるの?

分別されずに処理場まで行ってしまったゴミってどうなるのか?

「そのまま焼却じゃないの?」と思うかもしれませんが、これは違います。

ゴミ処理所まで気づかれずに持っていかれた分別されていないゴミは、人の手によって分別されます。
そうなのです、結局人間が仕分けをしてから処分場で処分されるのです。

また、ゴミ収集車で気づいた時には作業員の人が仕分けをしてくれることもあります。

大変申し訳ないですよね。
自分の身勝手な行動で、他の人が嫌な思いをしながら分別をしてくれていると思うと、分別はきちんとしなくてはと改めて思います。

処理場の人や作業員の人がケガなどなく、安心して私たちのゴミを処理できるようにっかりと分別していきたいですね!

まとめ

ゴミを分別しないまま捨てるとバレないことはありません。

もし、分別せずにゴミを出しているのなら、今はバレていないだけで高確率でバレる可能性があります。

すると、1回目は注意で終わるかもしれませんが、繰り返し同じ違法行為を行うと条例違反で罰を与えられます。

ゴミは分別されていないと、作業員や焼却場の人たちが手で分別をします。
こういう大事な仕事をしてくれている人たちにケガを与えないようにするためにも、ゴミ分別はしっかりと行っていきましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!