ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

母の料理が美味しくないと思う子は、なぜそうなってしまう?

  • 2022年4月6日
  • 料理
  • 21View

「おふくろの味」という言葉もあるように、お母さんの料理が大好き!という人が多いと思いますが、中には「お母さんの料理が美味しくない」と思っている人もいます。

そこで今回の記事では、なぜお母さんの料理が美味しくないと感じてしまうのかを検証します。

母親の料理が美味しくないと感じる

まず夫婦共働きで食事は主におばあちゃんが作っているご家庭であれば、たまにお母さんが料理をするとマズイと感じるかもしれません。

また、お母さんが料理を作っていても、そもそも料理が好きではない場合や、美味しくしようという工夫もなく、義務感だけでやっている場合には、美味しくないと感じるでしょう。

あまりにもマズイとお子さんが食べることが楽しくないと思ってしまいかねませんので、できれば旬の食材と適量の調味料を使って美味しく作ってあげると良いですね。

作っているときには味見をして、あなたがまず美味しいと感じることができれば、お子さんも美味しいと言ってくれるはずです。

もし料理下手なら、徐々に上達を目指しましょう!

母の料理が美味しくないのは、なんでなの?

元々お母さんの料理が美味しくないと感じている人の他に、自分が大人になって久しぶりにお母さんの料理を食べたら、「あら?なんだか美味しくない」と感じた経験がある人もいます。

加齢とともに味覚機能が低下する

その原因としては、まず年齢が関係していることがあります。

視覚や聴覚ほど顕著ではありませんが、加齢とともに味覚機能が低下するというデータもあるのです。
ネットでも、「料理上手な母だったけど、年とともに手順、段取り、味付けがおかしくなってきている」と答えている人がいました。

一人暮らしが長い

次に、一人暮らしが長いことが原因としてあげられます。

お子さんが小さいうちは「誰かのために美味しく作ろう」と思う気持ちが原動力となり、美味しい料理が作れることがあります。

しかし、歳をとって旦那さんも先に亡くなってしまった場合には、作っても食べるのは自分だけとなり、手間ひまをかけなくなる傾向があるのです。

自分の料理の腕が上達した

最後に、あなたの料理の腕が上達したからという原因が考えられます。

今は昔には無かったスマホのレシピサイトがありますので、いくらでも美味しい料理のレシピを調べることができます。

また、大人になって外食をする機会が増えれば、いくらでも美味しい料理に触れ合う機会があるでしょう。
ですので、あなたの舌が肥えて「あの頃よりは美味しくない」と感じるのかもしれませんね。

まとめ

お母さんの料理が美味しくない理由として、昔から美味しくない場合には、そもそも料理が好きではなかったり、仕事をしていて作る頻度が少ないからといった原因が考えられます。

一方で、昔は美味しいと感じていたけれど、最近お母さんの料理を食べてみたら美味しくなくなっていたという場合には、年齢や1人暮らしが長いせいなどの理由が考えられます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!