ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

家事代行の料理がまずい場合の原因と対処方法が知りたい

仕事に家事に育児に忙しい女性の味方である家事代行サービス。
便利な一方で、「料理代行の料理がまずい」という声もあります。

そこで今回の記事では、家事代行の料理がまずいという事態を回避するためにできる対処方法を紹介します。

家事代行の料理がまずい原因

家事代行の料理がまずい原因はいくつかあります。

1つ目は「料理の作り置き」というケースです。

家事代行に料理を依頼する場合、スタッフは当日に食べる分だけでなく、数日分の料理を作り置きします。

その場合、どうしても冷蔵や冷凍をすることになるので、作りたての味よりはマズイと感じてしまうのです。

2つ目は「スタッフとの相性が悪い」というケースです。

料理の味付けというのは各家庭で全く異なりますよね。
たとえば卵料理の場合でも、本当は甘い味付けが好きなのに、塩気が強い風に調理されてしまったら、まずいと感じてしまうでしょう。

最後に「そもそも料理が下手(事前研修をしていない)」というケースです。

働く女性が増えたことにより、家事代行サービスの数も非常に増えてきました。
それにより、中には事前研修をしないまま、スタッフを派遣する悪質な会社も存在するのです。

ですので、極端に安い値段の会社や口コミが著しく悪い会社は利用しないようにしましょう。

料理がまずい場合の対処方法

家事代行の料理がまずいという事態にならないために、気をつけてほしいことがいくつかあります。

1つ目には、「事前に味の好みを言っておく」ということが挙げられます。
中には事前に要望を聞かず、いきなりスタッフが作ってしまうというケースもありますので、ヒアリングが丁寧な業者にお願いするようにすると良いでしょう。

また、要望を伝える際には塩加減、辛いものは大丈夫かどうか、臭みのある魚や肉類はしっかりと臭み消しをして欲しいなど、事細かに伝えた方が良いです。
あらかじめちゃんと苦手なものや嫌いな食材などを言っておくことで、まずくて食べられない料理になるリスクを回避することができますよ。

2つ目には、「事前研修制度のある会社を選ぶ」ということです。
家事代行サービスを利用する際には、必ずきちんとした研修が行われているかどうかを確認してください。

大手の場合には、研修制度が整っているところがほとんどですが、マッチング制の家事代行だとあくまでも個人との取り引きになりますので、品質にムラがあり、料理がまずいということになりかねません。

まとめ

家事代行に料理をお願いする際は、個人ではなく研修制度が充実した大手に頼む、好き嫌いなどの好みを事前にお伝えしておくということを考慮すれば、「まずい!」ということを回避することができるでしょう。

ぜひスタッフの方とよくコミュニケーションをとって、家事代行を上手に活用してみてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!