ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

男の世話なんてしたくない!男が率先して行動する3つの方法

男って世話をすればするほど感謝するかと思いきやつけ上がります。

女としては、「ありがとうの一言くらい言え!!」と腹立ちますよね。
でも、イライラしていても仕方ない。

本記事では、男が率先して行動しようとする女になるための3つの方法をご紹介いたします。

男の世話なんてしたくない!それなら「苦手なことを頑張ってみる」

男の前で、「これはどう考えても無理だろう」という行動をしてみると、男は率先して行動しやすくなります。

例えば、見るからに重たそうな荷物を、なんとか一人で運ぼうとしている時。

男の力を借りればすぐにできそうなのに、女の力だけでなんとかしようとしている姿は「かわいい」と男に思わせるようです。

「他人を優先させる姿を見せる」

自分よりも他人を優先している優しい姿を見せていると、「この子を手伝ってあげたい」と思うようになります。

例えば、自分も大荷物を持っているのに電車やバスの中でお年寄りや子供を優先させる姿など・・・

こういう自分よりも他人を優先させる姿を見せることで、「この女を守ってやりたい」と思います。

「天然だけど頑張る」

天然で「ちょっとおバカさん!?」と感じてしまう女が、一生懸命失敗しながら何かを行っていると、かわいいなと思うようです。
男って、女が一生懸命努力している姿を見ると心がほころんでしまうようです。

女としてちょっとずる賢く動くことも大切ということですね(笑)

男の世話をしたくないと思ってしまう女の心理

そもそも、男の世話をしたくないと思ってしまう女はどんな気持ちになっているのでしょうか?

大体、男の世話をしたくないと思っているのは結婚している人ですよね。

結婚していたら、旦那の世話はある程度してもいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが…

世話をしたくないと思っている女は、
・毎日の世話に感謝がない
・自分の気持ちを分かってくれない
と不満を持っている女が多いです。

例えば、いつも旦那に作るお弁当。

こちらは早起きして頑張って作りながら子育てしているのに、旦那は自分が起きる時間に起きてきて、「ありがとう」も言わずに弁当を持っていく…

そして、食べた弁当は洗うこともなく流しに置かれており、片付けるのは当たり前のように妻が行う…

こんな風だと、妻はその内「感謝してよ」と思えてしまい「こんな旦那の老後の世話なんて絶対にしたくない!」と思ってしまいます。
また、妻が調子悪い時はあまり世話をしてくれないという旦那もいますね。

こういう旦那だと、妻は「いつもあれだけ世話してるのに、調子の悪い時すら助けてくれないのか…」と悲しくなります。

「もっと助けてほしい」という自分の気持ちを辛い時に分かってもらえないことが何度もあると、「今にみてろよ!!」と腹立たしくなってしまいます。

つまり、男が世話してほしいと思うなら女にもっと感謝の言葉を口にする必要があるということですね。

まとめ

男の世話なんてしたくない!と思っているのなら、3つのことをやってみましょう。

男が自分から動くようになるかもしれません。

・苦手なことを頑張ってみる
・他人を優先させる姿を見せる
・天然だけど頑張る

健気な態度を見せていると、男は自分から動きやすいです。

また、男性の方は「老後は妻と仲良く…」と思っているのなら、普段から「ありがとう」と笑顔で感謝の言葉が言えるように努力する必要があります。

何でも妻がやってくれるのが当たり前だと思っていると、その内何もやってくれなくなってしまうかもしれませんよ…”

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!