ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ミルクをケトルで作ってはだめな理由!安全な作り方もご紹介

毎日のミルク作りは、簡単に作れて赤ちゃんに安全なミルクを届けたいもの。

そこで、ケトルでお湯を沸かしたらどうか?と考える人もいるかもしれませんが、これはNG。

赤ちゃんの体には適さない成分が含まれています。

本記事では、どうしてミルクをケトルで作ってはいけないのか説明いたします。

ミルクをケトルで作ってはだめな理由は水道水の成分にあり!

ミルクをケトルで作ってはだめな理由は、水道水に含まれる有害物質を取り除けないからです。

そもそも、水道水に含まれる有害物質とは一体何なのか?

浄水器を取り扱っているお店に行くと、水道水の中には色々な不純物が含まれることが分かると思いますが、代表的な成分として残留塩素とトリハロメタンがあります。

残留塩素とトリハロメタンとは?

塩素とは、水道水に塩を入れて電気を通したものを言います。

こうすることで、強い殺菌作用が生まれるため水道水を消毒することが出来るというわけ。

また、トリハロメタンは浄水場で消毒されるための成分。

こちらの成分は発がん性が危険視されており、WHOでは人体への摂取量を控えるように使用量の規定が設けられています。

ケトルが残留塩素とトリハロメタンを取り除けない理由

ケトルは水道水を一気に高温にしてくれるため、残留塩素やトリハロメタンを除去してくれると想像する人もいるかもしれませんが、実は除去することができません。

どうして除去できないのか?

その理由は、水道水を沸騰までの時間が短いからです。

通常、残留塩素やトリハロメタンを除去するためには沸騰してから最低でも10分間沸騰させ続けなくてはいけません。

しかし、ケトルではそれができないため、残留塩素やトリハロメタンが残ってしまうのです。

赤ちゃんに与える影響は?

このような不純物を取り除けないと赤ちゃんにどんな悪影響が出てしまうのか?

小さな赤ちゃんを育てているお母さんは不安ですよね。

まず、カルキにはタンパク質を分解させてしまう働きがあるため、赤ちゃんが摂取すると下痢を引き起こす可能性があります。

また、トリハロメタンを摂取するのは発がん性が危険視されているだけあり、ミルク作りに適切とは言えませんよね。

赤ちゃんは、消化器官が未熟なので大人では問題のない成分でも過剰に反応してしまうことがあるので、ケトルでのミルク作りは適さないのです。

簡単に安全な水がほしいならウォーターサーバーがおすすめ

もしもミルク作りを安全だけど楽に作りたい時には、ウォーターサーバーを用意することがおすすめです。

ウォーターサーバーを用意すれば、赤ちゃんでも安全に飲めるRO水が使われていることが多いですし、定期的にメンテナンスをしてもらえるので衛生面も言うことありません。

今はレンタルでお試しが出来ることもあるので、自分が住んでいる場所で届けてもらえそうなウォーターサーバーを探してみると良いでしょう。

まとめ

ミルク作りをする時には、ケトルで湧かした水道水を利用することはNGでした。

どうしていけないかというと、ケトルでは赤ちゃんの体に負担がかかる残留塩素やトリハロメタンを除去することができないからです。

赤ちゃんが下痢しないようにするためにも、きちんと不純物が取り除かれた安全なお水を使いたいものですね!

そして、簡単に赤ちゃんのミルク作りに適した水がほしい時には、ウォーターサーバーを利用することがおすすめでした。

ウォーターサーバーは衛生面では言うことなしだし、一定の温度管理が出来るので赤ちゃんのミルク作りも楽になりますよ!

ぜひ、試してみてくださいね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!