ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ミルクティーを毎日飲むと太るし体に悪い

子供から大人まで大好きなミルクティー!

お茶だし普通のジュースを飲むより罪悪感が薄れるのでは私だけでしょうか?

でも、ミルクティーは毎日飲むと確実に体に悪いです。

本記事では、ミルクティーを毎日飲むと体に悪い理由をお伝えします。

ミルクティーは毎日飲むと太るし体に悪い!

ミルクティーを常に常備している人は要注意!

毎日飲むと確実に太り、そして生活習慣病を作ったりその他の健康を害します。

ミルクティーを毎日飲むと太る理由

ミルクティーには、かなり多くの砂糖が含まれています。

例えば、ミルクティーを代表する午後の紅茶(500ml)に含まれる糖質の量は38.5g。

ミルクティーだけでも約40gもの糖質を摂取してしまいますが、この他にも私たちは日々パンやご飯から糖質を摂取しているので、毎日ミルクティーを飲めばかなりの糖質過多となってしまうわけです。

タピオカミルクティーはもっと太る!

少し前に韓国から流行りだしたタピオカミルクティー。

タピオカを入れることで、更に美味しさがアップして何となく見栄えも可愛いくなることから沢山飲んでしまう人も多いですね。

しかし、タピオカミルクティーは市販のミルクティーよりも高カロリー。

そもそもタピオカ自体に糖質がかなり含まれているので控えた方が良いです。

ミルクティーを毎日飲むと健康を害する理由

太るだけでも嫌ですが、ミルクティーを毎日飲むことは生活習慣病などの原因になるので注意が必要です。

まず、先ほどご紹介した通り、ミルクティーには沢山の糖分が含まれています。

糖分は過剰摂取してしまうと癌や糖尿病のリスクを大幅にアップさせます。

また、ミルクティーの中には「砂糖不使用」と表示されているものもありますが・・・

砂糖が使われていない市販のミルクティーの中には大体「人工甘味料」が含まれています。

人工甘味料は砂糖を入れなくても少量で甘味を感じることが出来る成分なのですが・・・

一度体内に入れた人工甘味料は体外へと排出されないと言われるほど、体にはよくありません。

そして、継続的に人工甘味料を摂取していると癌や吐き気、頭痛、その他にもさまざまな臓器に影響を与えます。

特に「アスパルテーム」と「アセスルファムK」という甘味料は、海外では健康を害することから使用が禁止されているほど危険な甘味料なので、「砂糖不使用」と表示されているミルクティーも注意が必要なのです。

ミルクティーを安全に美味しく飲むコツは?

しかし、あのほんのり優しい甘味のあるミルクティーは、時々無性に飲みたくなりますよね!?

ミルクティーを安全に飲みたいなら、自分で作るミルクティーが一番おすすめです。

とにかく市販のミルクティーの中には大量の砂糖が含まれているので、健康に良いことはないと覚えておきましょう。

一方、自分で作るミルクティーなら白砂糖の代わりにテンサイ糖を使ってみたりオリゴ糖を使って腸内環境にアプローチさせることができます。

また、甘さも調節することが出来るから健康被害をかなり抑えることが出来るはず。

ミルクティーは自分の好きな紅茶と牛乳があれば簡単に作ることが出来るので、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

ミルクティーを毎日飲むことは、太りやすくなるし病気の原因にもなるので避けるようにしましょう。

特に市販のミルクティーには砂糖がたっぷり入っていますし、砂糖不使用と書いてあっても人口甘味料が沢山含まれています。

これらが毎日体の中に蓄積すれば、少しずつ健康被害が出てきてしまうので出来るだけ市販のミルクティーは飲まないように気を付けたいものですね。

そして、安全にミルクティーを飲みたい時には、自分でミルクティーを作ることをおすすめします。

ミルクティーを作る時の甘味を白砂糖ではなくテンサイ糖やオリゴ糖に変えれば、体に優しいミルクティーを簡単に作ることができますよ!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!