ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

生ゴミをビニールに入れて捨てる時の注意点は「水」!対処法もご紹介

ビニールに入れて捨ててしまえば、生ゴミの日までずっと匂いがあまり気になりません。

しかし、ビニールを使う時には「水」に注意する必要があります。

本記事では、生ゴミをビニールに入れて捨てる時の注意点と対処法についてご紹介いたします。

生ゴミをビニールに入れて捨てる時の注意点

生ゴミをビニールに入れて口先を縛ってしまえば、匂いが漏れにくくなりますね。

しかし、ビニールの中に生ゴミを入れていくと、底の方に生ゴミから出た水分が溜まります。

この水分をそのままにして捨てると、かなり衛生的に良くないだけではなく、水分が誤って出てしまった時の匂いがクサすぎます。

つまり、生ゴミをビニールで捨てる時には水分をよく切ってから捨てる必要があるのです。

生ゴミの水分をなくして捨てる対処法はコレ!

水分をキュッと絞って捨てるのって、簡単なようで実は難しいと思いませんか?

生ゴミは一気に水分が切れるわけではありませんし、食材によっては食材そのものが持っている水分が出てきてしまうこともあります。
だから、「完全に水分を取って匂いを抑制する」なんてことは難しいものです。

早速、対処法を見ていきましょう。

・新聞紙を使う

新聞紙は、水分を吸い取るだけではなく匂いを抑制する働きがあります。

だから、生ゴミを新聞紙でくるんでからビニールに入れれば、匂いをもっと抑えることができます。

・食パンの袋を使う

食パンが入っている袋ありますよね!?あの透明の袋は、実は匂いを外へ排出しないような工夫がされています。

だから、食パンの袋に生ゴミを入れておけば、生ゴミの匂いがすき間から出てくることはありません。

・1日置いてからビニールに入れる

すぐ生ゴミをビニールに入れてしまうよりも、1日放置してからビニールに入れると水分の出方はかなり変わります。

ただこの方法、毎日リセットしないと気が済まない主婦は難しいでしょう。
実際、私も生ゴミをシンクの中に一日放置するなんて、絶対に出来ません。。。

・生ゴミ処理機を使う

生ゴミ処理機を使えば、勝手に生ゴミを乾燥させてくれます。

また、生ゴミ処理機は生ゴミを肥料として利用する機械もありますね。
一番地球にやさしい方法を選ぶなら、生ゴミ処理機がベストでしょう。

季節によっては、生ゴミから出る水分でゴキブリが集まりやすくなってしまいます。
このように、生ゴミの水分はどれかの方法で対処していきたいですね。

まとめ

生ゴミをビニールに入れて捨てる時の問題は、底に沈む水分です。
水分が溜まった状態で捨てるのは、衛生的によくありません。

水分を出来るだけ出さないようにするための方法は、

・新聞紙を使う
・食パンの袋を使う
・1日置いてからビニールに入れる
・生ゴミ処理機を使う
以上の4つになります。

生ゴミ処理機、今はすぐに購入しなくてもお試しでレンタルすることが可能なので、一度利用してみるのもいいですね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!