ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

生ゴミの乾燥を電子レンジで行うデメリット3つ!

生ゴミのかさを減らしたいなら、電子レンジでチンするのが簡単!こんな風に安易に思っている人はいませんか?

とっても簡単にレンチンで乾燥できそうな生ゴミですが、3つのリスクが潜んでいます。一体どんなリスクなのか、早速ご紹介いたします!

生ゴミの乾燥を電子レンジで行うリスク1:電気代がかかる

本来なら生ゴミの中にポイッと捨てるだけの生ゴミにお金がかかってしまう!!

生ゴミを乾燥させるために電子レンジに入れると、薄い生ゴミならそれほど電気代はかかりませんが、厚さが増えれば増えるほどカラカラになるまでに時間がかかります。

ちょっと想像してみてください。1食作る時の生ゴミの量。

例えば、4人家族の晩ご飯を1食作るだけで生ゴミって相当でますよね。

それを電子レンジに入れて乾燥させるって・・・一体どれだけの時間と電気代がかかるのでしょうか・・・

生ゴミの乾燥を電子レンジで行うリスク2:雑菌&悪臭が増える

電子レンジの中に生ゴミを入れるということは、雑菌が大好きな適温が長時間保たれるということ。

そのため、生ゴミが乾燥する頃には電子レンジの中は雑菌だらけになってしまっています!

これでは、他の食べ物を温めたくても雑菌が付着しそうで出来なくなってしまいますよね!?

生ゴミの乾燥を電子レンジで行うリスク3:爆発

生ゴミと言っても、色々な種類の生ゴミが出るはず。

場合によっては、食材の中に熱が通り逃げ場を失った生ゴミが爆発する恐れもあり、とても危険です。

また、電子レンジが爆発すれば、今度は電子レンジを掃除する手間も増えてしまいます。
時間とお金の無駄だと思うなら、やめておいた方が賢明でしょう。

生ゴミの乾燥はどうしたらいい!?オススメは生ゴミ処理機!

このように、生ゴミを電子レンジに入れて乾燥させることはリスクです。

しかし、生ゴミは環境問題にもつながるので出来るだけ減らしたいですよね。
そこでオススメするのが、生ゴミ処理機。

生ゴミ処理機なら、生ゴミを再利用することが出来るので生ゴミとして捨てる量をかなり減らすことが可能です。

もしも生ゴミ処理機が自宅にない時には、生ゴミを冷凍しておけば匂い問題がなくなりますよね。

生ゴミだけのためにお金を払う必要もなくなるので、ストレスなく生活できるようになりますよ!

まとめ

生ゴミを電子レンジで乾燥させるのは、3つの危険があるのでオススメできません。

・電気代がかかる
・雑菌&悪臭が増える
・爆発
「電子レンジが爆発して壊れてしまったら!?」なんて考えるとちょっと恐ろしくないですか?

捨てるはずの生ゴミで、何万もする電子レンジを買いなおすはめになるなんて絶対にゴメンですよね。

そのため、生ゴミを乾燥させたい時は生ゴミ処理機を活用することをおすすめします。

また、生ゴミ処理機がない時は冷凍庫を上手く利用して匂い対策してみると良いですよ!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!