ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

オートミールクッキーは太る心配は低いのでダイエット向き!カロリーや糖質量は?

  • 2021年11月21日
  • 2021年11月21日
  • 健康食
  • 4View
  • 0件

一般的なクッキーよりも栄養豊富なオートミールクッキー。

しかし、クッキーは太るイメージがありダイエット中は心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、オートミールクッキーのカロリーや糖質量などを調べ、太るのか否かを検証します。

オートミール クッキーは太る心配は低い

結論から言うと、オートミールクッキーで太る心配はありません。

一般的なクッキーでは小麦粉がたっぷり使われているため、糖質が高く太りやすいですが、小麦粉の代わりにオートミールを使うことで糖質を抑えることができ、ダイエット向きだと言えるでしょう。

また、オートミールクッキーは、ダイエット中に不足しがちなたんぱく質や食物繊維の量が豊富ですので、ヘルシーで健康に良い食べ物なのです。

カロリー、糖質量は?

オートミールクッキー1枚(15g)あたりのカロリーは75kcal、糖質量は7.9gです。
100gあたりですと500kcal、糖質量は61.2gとなります。

オートミール クッキーのダイエット効果

・タンパク質が豊富

まずオートミールクッキーはタンパク質が豊富に含まれています。
1枚あたり1.4gのタンパク質が含まれているのですが、この量は同量のクッキーの約1.6倍に相当します。

タンパク質は筋肉や肌の材料となるため、ダイエット中の方も積極的に摂りたい栄養素のうちの1つです。

・食物繊維がたっぷり

次に、食物繊維がたっぷり含まれているため便秘の解消が期待できます。

また、食物繊維が豊富な食品は噛みごたえがあるのが特徴で、少量でも満足感を得やすいというメリットもあります。

・GI値が低い

最後にGI値が低いので太りにくいという利点があります。

GI値とは、血糖値の上がりやすさを示す指標のことで、オートミールクッキーはGI値が低い食品だと言えます。
ですので、食べても血糖値の上昇がゆるやかですので、そのまま脂肪として蓄積されてしまうということが起こりにくいです。

太る食べ方は?夜に食べ過ぎはダメ

ダイエット効果が期待できるオートミールクッキーですが、夜に食べ過ぎてしまえば太る可能性があります。

オートミールは低GI値で太りにくい食品ではありますが、100gで380kcalもあるため、食べ過ぎには注意しましょう。

また、夜に食べてしまうと昼間よりも脂肪として蓄積されやすくなってしまいますので、ダイエット中に食べたい場合には、朝か昼に口にするようにしてください。

ダイエットがうまくいかないときは自分に合った方法を試してみて

ただ、自分の体質に合わないダイエットを続けていても、なかなか痩せやすい身体にならないかもしれません。

今回おすすめする遺伝子博士で検査を行うと、あなたの遺伝的体質を知ることができるため、今までわからなかった肥満の根本的原因がわかります。

そして、効率よくなりたい理想の姿に近づけることができるでしょう。

ダイエットかなかなか成功しないとお悩みの方はぜひお試しください!

⇒今すぐ遺伝子検査を試してみる

まとめ

オートミールクッキーは夜に食べ過ぎたりしなければ太ることはありません。

小麦粉の代わりにオートミールを用いているため、糖質が低いですし、タンパク質や食物繊維などダイエット中の方にも積極的に摂取してほしい栄養素が豊富に含まれています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!