ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

プルーンは夜でも1~2粒なら太る心配なし!朝に食べるのがオススメ!

  • 2021年11月15日
  • 2021年11月15日
  • 健康食
  • 2View
  • 0件

スーパーやコンビニで見かける定番のドライフルーツであるプルーン。

栄養価がとても高いことが知られていますが、ダイエット効果はあるのでしょうか?

今回の記事では、プルーンのダイエット効果を検証し、おすすめの食べ方を紹介します。

プルーンは夜でも1~2粒なら太る心配なし

プルーンは他のドライフルーツに比べてカロリー・糖質ともに低めですので、太る心配はありません。

1日の間食の目安は200kcalまでと言われていますが、プルーンの場合は10粒程度で235kcalとなります。

もちろんドライフルーツを1回で10粒も口にしたら、食べすぎと言わざるを得ませんが、1〜2粒程度であればダイエット中の方でも全く問題はないでしょう。

朝に摂取するのがおすすめ

プルーンはカロリーも糖質も低いため、基本的には朝昼夜いつ食べても大丈夫です。
でも、特に朝食べるのがおすすめですよ。

朝にプルーンを食べると便通習慣が整いやすくなりますので、便通がスムーズだとポッコリお腹が解消され、ダイエットにもつながりやすいでしょう。

紅茶・コーヒー・緑茶と一緒に食べるのはダメ

プルーンの効果を最大限得るために、プルーンは紅茶・コーヒー・緑茶とは一緒に食べないでください。

理由としては、紅茶・コーヒー・緑茶に含まれるタンニンが、貧血予防に重要な鉄の吸収を妨げてしまうからです。

プルーンのうれしい効果は?

・腸内環境を整えてくれる

プレーンを食べると得られる効果として、1つ目に「腸内環境を整えてくれる」ということが挙げられます。

プルーンには水溶性と不溶性の食物繊維のバランスがほぼ1対1で含まれているため、便通が改善できるのはもちろんのこと、良い腸内細菌を増やし、病気を引き起こしにくい健康な身体作りに役立つでしょう。

・抗酸化作用で老化を防ぐ

2つ目に、「抗酸化作用で老化を防ぐ」ということが挙げられます。

プルーンには高い抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富に含まれていますので、老化や生活習慣病の予防に役立つでしょう。
また、生活習慣病の中でも特に動脈硬化やガンの予防に効果を発揮しますよ。

・血糖値の上昇が緩やか

最後に「血糖値の上昇が緩やか」ということが挙げられます。

プルーンはいちじくやなつめ、アプリコットなど他のドライフルーツと比べて糖質がもっとも低いです。
それに、GI値も29と低いため、血糖値が急激に上がるのを防ぐことができます。

ですので、プルーンは太りにくい食べ物だと言えるでしょう。

ヨーグルト×プルーンの組み合わせがオススメ

プルーンはそのまま食べてもおいしいですが、より効果的に摂るのであればヨーグルトとの組み合わせがおすすめです。

プレーンだけでなくヨーグルトにも便秘解消効果があるため、朝に食べればスッキリしたお通じが実感できるでしょう。

まとめ

プルーンはドライフルーツの中でカロリーも糖質ももっとも低いため、数粒をおやつとして食べる程度であればダイエット中でも問題はないでしょう。

ただ、プルーンを食べるのにもっともおすすめしたい時間帯は朝で、ヨーグルトと一緒に口にすれば、より便通改善効果が期待できますよ。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!