ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

リライズは乾いた髪に使える?!生え際は染まらない?!

  • 2022年1月20日
  • 美容
  • 14View

白髪用髪色サーバーのリライズは、美容院に行かずともお風呂場で簡単に染められることから、とても人気が高い商品です。

しかし口コミを見てみると、「生え際が全然染まらない」というものもありました。

そこで今回の記事では、生え際が染まらないというのは本当なのかを検証した上で、よく染まる使い方を紹介します。

リライズは乾いた髪に使える?よく染まる使い方は?

リライズはシャンプーをすすいだ後につけるのが基本とされていますが、乾いた髪の毛にも使うことができます。

そして、逆に生え際のTゾーンには「乾いた髪の毛の方がよく染まる」という口コミがありましたので、ぜひお風呂に入る前の乾いた髪に使ってみてください。

また、乾いた髪の毛の方がどこを染めればよいかが分かりやすいというメリットもありますね。

使い方としては、人差し指にリライズを出し、生え際に沿わせるように乗せていくと、ムダなくキレイに塗ることができるでしょう。

1度染まってしまえば、リライズは色持ちが良くて指通りも良い商品ですのでおすすめです。

リライズは生え際は染まらない?

生え際までちゃんと染めるためにはいくつかポイントがあります。

1つ目のポイントとして、鏡をみながら丁寧に染めましょう。適当にやるのではなく、クシを使いながら髪の毛をブロック分けした上で塗るようにしたり、こめかみは歯ブラシを使って塗るという方法もおすすめです。

そして、ある程度たっぷり目に塗りましょう。リライズは3000円前後する商品ですので、ケチって使いたくなる気持ちはわかりますが、染まらなかったら意味のないものになってしまいますよ。

2つ目のポイントとして、長めに時間を置くことをおすすめします。
説明書には「5分置く」とあるのですが、口コミでは20分程度時間を置いている方が多く居ました。

ただし、生えてきたばかりの白髪は時間を長めに置いても染まりにくいということがあるようです。

3つ目のポイントとして、3~5日連続で試してみてください。
リライズは通常の染毛剤よりも髪の毛への負担が少なくなるように作られているため、染まりにくさを感じる場合があります。
説明書には「1週間に1度は染めないといけない」との記載がありますが、口コミでは「最初は続けて3日ぐらい染めた方がよい」といったものが多数あり、中には5日連続で染めた方もいらっしゃいました。

ただし、相性が悪い場合には5日続けて行っても染まりが悪いということもあり、「肌荒れを起こしてしまった」という方もいますので、そのときには他の商品を試してみると良いでしょう。

まとめ

リライズは1回5分で簡単に白髪染めができるという商品ですが、乾いた髪の毛にたっぷり使い、最初のうちは3~5回連続で行うことで染まりやすくなるでしょう。

ただし、中には何度やっても思うように染まらないという方もいらっしゃいましたし、1本3000円前後という値段を考えると、あまりコスパの良い商品とは言えません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!