ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

サイフォンで淹れたコーヒーがまずいのはなぜ?うまく淹れる方法は?

演出効果が高く最近になって再び人気が高まってきているコーヒーの抽出方法が、サイフォンのコーヒーです。

しかし、「サイフォンで淹れたコーヒーがまずい」なんてお悩みの方もいると思います。

そこで、今回はサイフォンで淹れたコーヒーがまずい原因を解説していきたいと思います。

サイフォンで淹れたコーヒーがまずい場合、コレが原因かも

サイフォンで淹れたコーヒーがまずい場合、「ネルフィルターの管理」「撹拌の仕方」「火力と抽出時間」が原因かもしれません。

詳しく見ていきましょう。

ネルフィルターの管理

サイフォンで一番面倒なのが「ネルフィルターの管理」ですが、これを怠ってしまうことでまずいコーヒーになってしまいます。

まず、ネルフィルターは乾燥させてしまうと、コーヒーが酸化しやすくなって風味を損ねる原因になるので、ネルフィルターは濡らした状態での管理が重要です。

サイフォンでコーヒーを淹れた後、ネルフィルターは水かぬるま湯で流しながら付着したコーヒーかすを取り除く必要があります。

ネルフィルターには漂白剤や液体洗剤が使えず、もし使ってしまうと洗剤などのにおいが抜けず、コーヒーの風味を損なってしまう原因になります。

また、コーヒーかすを取り除く際にゴシゴシこすってしまうと、生地の目がつぶれて抽出が安定しにくくなってしまいます。

コーヒーかすを取り除いた後は、蓋の付いたタッパーなどに入れてネルフィルターが浸かるくらいに水を入れて蓋をし、冷蔵庫で保管します。

さらに、タッパーの中の水は毎日交換する必要があります。

そして、冷蔵庫から取り出したネルフィルターの温度は低くなっているので、コーヒーを淹れる前に一度お湯につけてから使用する必要があります。

とても手間がかかるネルフィルターの管理ですが、しっかりできていないと美味しいコーヒーを淹れることができません。

撹拌の仕方

サイフォンで淹れたコーヒーが薄い場合は「撹拌の仕方」に問題があるかもしれません。

サイフォンでコーヒーを淹れる場合、撹拌の工程を2回行う必要があります。

実は、コーヒーの粉は顕微鏡で覗くと、多孔質構造になっており、たくさんの空洞があります。

撹拌を行うことで、その一つ一つの穴にお湯を染み込ませることでコーヒーの成分を染み出しやすくします。

またコーヒーの層の上部分と下部分の抽出のタイムラグを少なくして、コーヒーの粉全体からしっかり成分を引き出すのが攪拌の目的です。

そのため、しっかり撹拌しているつもりでもお湯とコーヒーの粉全体がかき混ぜられていないと、コーヒーの成分がしっかり引き出せないため薄いコーヒーになってしまうのです。

サイフォンの撹拌に箸やスプーンを使うとしっかり撹拌できないことが多いので、専用の竹ベラを使用するようにしましょう。

もし、お手元にない場合は、ハリオとコーノが販売しているので購入をおススメします。

火力と抽出時間

コーヒーのエグみや苦味が強いという場合は、「火力」と「抽出時間」が関係しています。

サイフォンで淹れるコーヒーはお湯が豆に触れている時間が長いため、火力と抽出時間を間違えてしまうと、コクがないのにエグみや苦味が強いコーヒーになってしまいます。

サイフォンコーヒーで最もポピュラーな熱源は「アルコール式」です。

アルコール式は、火力調節が難しいことが特徴です。

火力が強いまま抽出してしまうとお湯の温度が高くなりすぎてエグみまで抽出される原因になります。

その場合、アルコールランプの下にコースターや灰皿などを置いて高さを出すと良いですよ。

撹拌して抽出する時は、お皿を抜いてアルコールランプの火を遠くすることで弱火に調節できます。

抽出時間は、キッチンタイマーなどを使いながらコーヒー豆や器具に合わせたお好みの抽出時間を探るようにしましょう。

まとめ

サイフォンで淹れたコーヒーがまずい原因は、「ネルフィルターの管理」「撹拌の仕方」「火力と抽出時間」が考えられます。

ぜひ、これまでの淹れ方でまずいと思われた方は参考にしてくだいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!