ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

スカルプdは若いうちから使ったほうがいいの?おすすめの対策はコレ

スカルプdは若いうちから使ったほうがいいのか悩む人もいるようですが、実際のところはどうなんでしょうか。

この記事を読めば、スカルプdの使う時期だけではなく、薄毛の根本ケアを目指す方におすすめのAGAの魅力についてお伝えします。

スカルプdは若いうちから使ったほうがいいの?

若いうちからスカルプdの使用を検討している方も多いですが、20代はまだ髪の毛の成長が止まる年齢ではないので、普段から生活習慣に気を付けることが薄毛対策につながります。

将来の薄毛ケアの一環で頭皮環境を整えることを始めても良いと思いますが、頭皮に着目したスカルプD NEXTシリーズは、薄毛の進行を止めるのではなく、頭皮環境を整わせることが使用目的です。

(20代の薄毛について)
20代でも薄毛に悩んでいる方が多く、生活習慣の乱れやストレスなどが原因で引き起こされると言われています。

先程も解説しましたが、20代は髪の成長が止まる年齢ではないので、頭皮環境を整えるような対策は薄毛ケアの一環になるでしょう。

ただし、スカルプD NEXTシリーズのような頭皮環境ケア商品は、根本的な薄毛対策ではないので、薄毛の進行が気になる方は若いうちでもAGAの治療を検討してみては。

若い年代に限ったことではないですが、特に20代の頃は食生活が乱れがちになるケースもあり、栄養の偏りが薄毛の原因に繋がる場合もあるようです。

そのため、若いうちは頭皮環境ケアだけではなく、生活習慣や食生活なども考慮した薄毛対策が大切で、それ以降の年代はAGAの治療を考えた方が良いと思います。

30代になったらAGAの治療を

一般的に20代後半や30代前半から「男性型脱毛症(AGA)」は進行するといわれています。

そのため、頭皮環境ケア商品のスカルプDシャープの口コミを見ても、効果を感じていないという声が多数あります。『Amazonレビューなど』

(薄毛対策は脱毛予防と発毛治療が必要!)
男性型脱毛症『AGA』の治療は、脱毛予防と発毛治療の両方が必要で、脱毛予防にはフィナステリド、発毛治療にはミノキシジルが使われています。

・フィナステリド
男性ホルモンがDHTに変換するための5α還元酵素という酵素の働きを抑えることで、DHTの発生を抑制する抜毛を抑える薬です。

・ミノキシジル
毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促す成長因子を出させる、血行を改善し毛細血管から毛乳頭へ栄養を行き渡らせるなどを目的にした薬です。

上記のような2つの薬は『守り』と『攻め』という表現がふさわしく、この2つの薬を処方できるのはAGAクリニックだけです。

つまり、30代になってからの薄毛対策は、頭皮環境ケア商品よりもAGA治療がオススメです。

(来院が恥ずかしい人向けにAGAオンライン診療がオススメ)
AGAクリニックに行きたいけど、来院が恥ずかしいという方も多いようです。

CLINIC FOR (クリニックフォア) 1日約55円から始められる国内最安クラスのAGAオンライン診療は、そう!自宅にいながら始められるオンライン。

来院が恥ずかしい、来院する時間がないなど、通院がネックになっている方にもオススメなんです。

まとめ

若いうちは頭皮環境ケアだけではなく、生活習慣や食生活なども考慮した薄毛対策が大切です。

薄毛ケアには、スカルプDシリーズのような商品など色々あるものの、根本的な治療はAGAクリニックでの治療です。

CLINIC FOR (クリニックフォア)は、オンライン診療で1日約55円から始められるという魅力があるので、AGAの治療に興味があった方にとって、始めやすい方法だと思います。

>> CLINIC FOR (クリニックフォア)のAGAオンライン診療をチェックしてみる

若ハゲ
最新情報をチェックしよう!