ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

セブンイレブンの木綿豆腐は太る?食べ過ぎと塩分を控えてダイエットに活かす!

  • 2021年11月6日
  • 2021年11月6日
  • 健康食
  • 3View
  • 0件

低カロリーで高タンパクであることから、ダイエットに向いているイメージのあるセブンイレブンの木綿豆腐ですが、本当のところはどうなのでしょうか?

今回の記事では、豆腐ダイエットのメリット・デメリットなどを紹介していきます。

セブンの木綿豆腐は太る?

木綿豆腐を食べて太ってしまう原因として、低カロリーだからといって食べ過ぎてしまったり、醤油やドレッシングをたくさんかけてしまうことが挙げられます。

特にドレッシングが油分がたっぷり含まれていますので、一気にカロリーが高くなってしまいます。

もし味が物足りないと感じる場合には、薬味などでカバーしましょう。

カロリーや糖質は?

セブンイレブンの木綿豆腐100gあたりのカロリーは72kcalで、糖質は2.3gになります。

絹ごし豆腐と比較

絹ごし豆腐100gあたりのカロリーは56kcalで、木綿豆腐よりも低いです。

また、絹ごし豆腐は糖質や脂質の分解を助ける効果のあるビタミンB群やカリウムを多く含んでいます。

ですので、ダイエットには絹ごし豆腐の方が向いているでしょう。

ただし、木綿豆腐の方がタンパク質やビタミンE、カルシウムの含有量は多いです。

ですので、たとえば運動をした日には栄養豊富な木綿豆腐を食べるなど、食べ分けをすると良いでしょう。

豆腐ダイエットのメリット・デメリット

豆腐ダイエットは確かに効果的ではありますが、食べ過ぎると身体に支障をきたしてしまう場合もあります。

ですので毎食豆腐にするのではなく、1日1食を豆腐に置き換えることをおすすめします。

・タンパク質、ビタミンB群が豊富

豆腐ダイエットのメリットとしては、現代人に不足しがちなタンパク質やビタミンB群を補うことができる点にあります。

ダイエットをしていると食べる量が少なくなり、必然的に必要な栄養素を摂りきれないという問題が起こり得ますが、特に木綿豆腐にはさまざまな栄養素が含まれていますので、ダイエットの強い味方になるでしょう。

・食べ過ぎるとアミノ酸のバランスが崩れてしまう

豆腐ばかりを食べてしまうと、アミノ酸のバランスが崩れてしまうというデメリットがあります。

ですので、豆腐だけでタンパク質を摂るのではなく、肉や魚などの動物性タンパク質もしっかり食べることが大切です。

ダイエット向きの食べ方

ダイエット向きの食べ方としては、豆腐ハンバーグがおすすめです。

同じく高タンパク質の鶏肉を混ぜて、大根おろしや大葉などで風味を出すとソースやポン酢で余計なカロリーを摂らずとも美味しくいただけるでしょう。

機能性表示食品のダイエットサプリも試してみて

とはいえ毎日豆腐だけでなく、お米もパンも麺類も好きなだけ食べたい!という方は、ダイエットサプリを試してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介する「スリムサポ」は体重・体脂肪・内臓脂肪・ウエストサイズの減少をサポートしてくれる商品で。1日1回飲むだけでOKですので、めんどくさがり屋の方でも楽に続けることができますよ。

>>機能性表示食品のダイエットサプリを試してみる

まとめ

木綿豆腐よりも絹ごし豆腐の方がカロリーが低く、ダイエット向きです。

とは言え、木綿豆腐の方が栄養素は豊富ですし、そこまで心配するほどのカロリーの高さではありませんので、ドレッシングなどの味付けで油分を摂らない限り問題はありません。

ただし、ダイエット向きな食材だからといって食べ過ぎてしまうと逆に身体にとって害になってしまう場合もありますので、1日1食を豆腐に置き換えることをおすすめします。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!