ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

シャインマスカットは太る心配は低いけど糖質量は高い!ダイエット中の食べ方について紹介

種がなくて皮ごとパクパク食べられるシャインマスカット。

あまりの美味しさについつい食べ過ぎてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、ダイエット中にシャインマスカットは食べても大丈夫なのかどうかを解説していきます。

シャインマスカットは太る食べ物ではない

結論からいうと、シャインマスカットを食べたからといって、すぐに太るというのは考えにくいでしょう。

仮に一房全部食べたとしても200キロカロリーほどしかありませんので、間食としてお菓子やスイーツを食べるぐらいであれば、シャインマスカットの方がまだマシです。

ただし、果物の中で比べるとカロリーも糖質も高いですので、本格的にダイエットをしている方であればグレープフルーツやスイカなどの方が低カロリーでおすすめできます。

カロリーと糖質量は?

シャインマスカットのカロリーは一粒(8〜9g)あたり約5〜5.5キロカロリーになります。
一房(300〜400g)で換算すると約180〜200キロカロリーです。

なかなか一房丸ごと食べてしまう方は少ないと思いますので、10粒程度であれば50キロカロリー程度ですし、問題はありません。

ただし、シャインマスカットの糖質量は他のブドウと比べても高めです。

一粒あたりだと約1.5g、一房で50g〜60gにもなります。

理由としては、シャインマスカットの糖度は20度とかなり甘いため、残念ながら糖質も高くなってしまうのです。

シャインマスカットのうれしい効果

・ポリフェノールの抗酸化作用

シャインマスカットの嬉しい効果として、まずは「ポリフェノールの抗酸化作用」が挙げられます。
ポリフェノールの抗酸化作用があると、身体のサビや老化を防いでくれますよ。

・ビタミンが消化を助けてくれる

2つ目に「ビタミンが消化を助けてくれる」効果が期待できます。
シャインマスカットにはビタミンB6が豊富に含まれているため、消化を助けてくれたり、皮膚や髪の毛、歯の健康維持にも役立ちます。

・集中力を高めてくれる

3つ目に「集中力を高めてくれる」効果があります。
シャインマスカットには糖質が多めに含まれているため、脳の働きや集中力を高める効果があるのです。
ですので、朝食にシャインマスカットを食べると1日のスタートが気持ちよく切れるでしょう。

食べる量に気を付けてゆっくり食べる

シャインマスカットは他のスイーツやお菓子と比べればカロリーや糖質は低いですが、他の果物と比べると少し糖質が高めなのが気になります。

ですので、一粒ずつゆっくり味わうようにしたり、10粒程度食べる量だけお皿にとるなどの工夫をして食べすぎには注意をする必要があります。

皮ごと食べても大丈夫!残留農薬は心配なし

シャインマスカットは皮ごと食べられる果物ですが、皮に残留農薬があるのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。

食品に残っている農薬は、ほとんどないか、健康に影響しない量に抑えられる

引用元:https://www.maff.go.jp/j/fs/f_nouyaku/009.html

正しく農薬が使われていれば食品に残っている農薬はほとんどないか、健康に影響しない量に抑えることができます。

それに、検疫所や保健所なども検査を行っているため、過度に気にする必要はありません。

まとめ

シャインマスカットは他のスイーツよりはカロリーが低いですが、糖質はやや高めなため、ダイエット中の方は食べ過ぎに注意してください。

ただし、シャインマスカットを食べることで得られる健康効果もたくさんあるので、少量を朝食の際に食べるのがおすすめです。

また、皮の残留農薬の心配もする必要はありません。

シャインマスカット
最新情報をチェックしよう!