ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫!理由を詳しく説明します

水筒には、入れて良い飲み物と良くない飲み物があります。
中でも味が濃いめのコーヒーは入れたらいいのか迷いませんか?
本記事では、サーモスの水筒にコーヒーを入れても問題ないかをご紹介いたします。

サーモスの水筒にコーヒーを入れても大丈夫

結論から言うと、サーモスの水筒にコーヒーを入れても全く問題ありません!

これから冷たいコーヒーが美味しくなってくる季節なので、ぜひどんどんコーヒーを入れて持ち歩きましょう!

どうしてサーモスの水筒にコーヒーを入れても問題ないのか?

その理由は、コーヒーには塩分が含まれていないからです。

塩分が含まれていると、どんな水筒でも錆びの原因になるのでよくありませんが、コーヒーと言えば入れたとしても塩ではなく砂糖ですよね。

砂糖は錆びの原因にはならないので、コーヒーを入れても大丈夫なのです。

衛生面は大丈夫?

例えば、コーヒーの中にミルクを入れて持ち歩きたいという人もいるでしょう。
ミルクをいれてカフェオレにして飲むのも美味しいですよね!

ただし、気になるのは衛生面。

もしもコーヒーにミルクを入れたい場合は、下記の注意点をしっかり守った上で持ち歩けば問題ありません。

・長時間入れっぱなしにしない
・飲んだ後はすぐに洗う
・カフェオレを作ってから飲むまでを6時間以内におさめる
・サーモスの水筒に入れる時の温度が60度以下になっていない(65度以上なら言うことなし!)
・底や蓋の近くは入念に洗える水筒を選ぶ

この5つをクリアしている場合は、衛生的に問題になりませんので安心して飲んでください。
水筒でも、底や蓋の部分が綺麗に洗えないものも存在します。

この場合、衛生的に雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、おすすめしません。

水筒に入れてはいけないドリンク

サーモスの水筒の水筒にコーヒーはOKですが、入れてはいけないドリンクは何なのか?
箇条書きにまとめてみました。

・炭酸飲料やドライアイス
・果肉やお茶の葉
・スープ系(味噌汁など)の塩分を含んだ飲み物
・腐敗しやすい飲み物(乳酸菌飲料や果汁など)

炭酸飲料やドライアイスを中に入れてしまうと、中せんが開かなくなる原因になったり、飲み物が噴き出してしまう可能性があるのでNG。

果肉やお茶の葉は、飲む時に詰まってしまい上手く飲み物を流しこむことできなくなるのでおすすめしません。
塩分は先ほどご紹介した通り、錆びの原因になります。

牛乳も腐敗しやすい飲み物に該当しますが、先ほどご紹介した条件をクリアしていれば問題なく持ち運ぶことが可能です。

水筒に入れてOKなドリンク

安心して入れることができるドリンクは何なのか?
こちらも箇条書にまとめてみました。

・水
・コーヒー
・白湯
・お茶類

お茶類の中には、緑茶はもちろん紅茶も含まれます。
お茶が好きだという人は、毎日色々なお茶をサーモスの水筒に入れて楽しめますね。

コーヒーの場合、コンビニに行くとマイボトルの中にコーヒーを入れてくれるというエコ活動をしている所もあります。
自宅近くのコンビニでは行っているかチェックしてみてください。

まとめ

サーモスの水筒にコーヒーを入れることは全く問題ありません。

どうしてコーヒーを入れても良いかというと、コーヒーはスポーツドリンクのように塩分を含んでいないからです。

塩分を含んだものを水筒の中に入れてしまうと、水筒の中が錆びる原因になるので絶対に入れないようにしたいですね!

また、コーヒーに牛乳を入れてカフェオレのように持ち歩きたいという人もいますが、牛乳は腐りやすい飲み物なので、持ち運ぶ時には注意が必要でした。

水筒がしっかり洗えるものなのか?ということや、水筒に入れる時の温度が65度以上になっているか?など、衛生環境を整えた上でカフェオレを持ち歩くようにしてください。”

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!