ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ブリタのカートリッジは常温で放置するとカビが生える!

衛生的で美味しい水を飲むはずのブリタのカートリッジ。

しかし、ブリタのカートリッジは常温で放置しておくとカビが生える危険性があります。

本記事では、ブリタのカートリッジがどうして常温で放置するとカビが生えるのか説明し、カビが生えた後の処理方法をご紹介いたします。

ブリタのカートリッジが常温だとカビが生える理由

「不純物を取り除くはずのカートリッジにカビが生えてる!!」

こんな現象が起こったら、とても驚きますね。

そもそも、ろ過機能がついているものにカビが生えるということに疑問を感じる人もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、ブリタのカートリッジではなくてもカビというのは条件さえそろえばどんな状況下だって発生します。

ブリタのカートリッジの場合、水が常温で残っていると、その水にほんの少しついている汚れを餌にしてカビが生えてくるのです。

ブリタのカートリッジにカビを見つけたらどうする?

では、実際にブリタのカートリッジにカビが生えてしまった場合、どんな対処をしたら良いのか?

ブリタのカートリッジにカビが生えてしまった場合は、使用期限がまだ残っていたとしても新しいカートリッジに交換してください。

少し勿体ないと感じるかもしれませんが、目に見える部分にカビを発見したということはカートリッジの内側(目に見えない部分)もカビが発生している可能性があります。

カビを含んだ水を飲んでしまうと、体にとっては害になり場合によっては体調不良を起こしてしまうので、早めに取り替えることが大切なのです。

容器や蓋もしっかり洗浄

カビが生えた場合は、カートリッジを交換するだけではなく容器や蓋もしっかりと洗浄するようにしてください。

おすすめは、分解して取り外し可能な部分は全て取り外すこと。

そして、まずは水道水で綺麗に汚れを落とした後、食器用のスポンジを利用して綺麗に洗ってください。

最後はアルコールで除菌すれば、また元通りに使えるようになります。

ブリタのカートリッジでカビを生えさせない方法

ブリタのカートリッジを使う時、カビを発生させないように普段から使い方を気を付けることはとても大切ですね。

まず、ブリタのカートリッジは2日に1回は掃除するようにしてください。

掃除する時はもちろん、分解して掃除しましょう。

そして、ろ過した水はその日の内に飲みきるのが鉄則です。

その日の内に飲みきらないと、長時間水分が溜まった状態になるのでカビが発生しやすい環境を整えてしまいます。

お手入れが嫌な時はウォーターサーバーがおすすめ

「2日に1回、分解しながら洗うなんてめんどくさい」と思う人もいるのではないでしょうか?

そんな時におすすめするのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーなら契約しているメーカーが定期的に点検したり取り替えてくれるので自分で掃除をする必要がほとんどなく、美味しい水を飲むことができます。

しかも、水だけではなくお湯も簡単に作れてしまうので場所さえ確保できれば美味しい水を飲むための時間がかなり短縮されるはず。

ウォーターサーバーは、時々無料でお試しできるキャンペーンを行っているので、チェックしてみると良いでしょう。

まとめ

ブリタのカートリッジは常温で放置しておくとカビが生える可能性があります。

もしもカビを見つけたら、使用期限がまだ残っていても新しいカートリッジに変えるようにしてください。

また、分解できる部分は全て分解して綺麗に洗浄することも大切です。

ブリタの浄水器は、基本的に2日に1回のペースで分解して洗浄する必要があります。

また、浄水した水を残さないこともカビを発生させないポイントでしたね。

「色々めんどくさいな・・・」と感じる人は、浄水器ではなくウォーターサーバーにしてみるのもアリ。

ウォーターサーバーなら、2日に1回分解して洗う手間がなくなるので楽ですよ!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!