コラントッテがベタベタするときの対処法

  • 2021年3月16日
  • 2021年3月16日
  • グッズ
  • 100View
  • 0件

コラントッテがベタベタする時の対処法や、メッキが剥がれやすい、すぐに外れてしまうといった情報が本当なのかをご紹介します。

また、お風呂で着用できるかどうかも解説します。

コラントッテのベタベタは取れる?

コラントッテがベタベタする時は中性洗剤で洗うとべたつきが取れて綺麗になります。

毎日、体の一部のように着用するものなので、定期的にお手入れをしないと汚れや臭いがついてしまい、素材が変色したり、劣化したりする原因にもなります。

また、シリコン製のものは汗や水分には強いですが、皮脂などの油分には若干弱いので、皮脂がついたまま放置してしまうとべたつきを感じることもあります。

そんな時は中性洗剤で洗って清潔にしましょう。

中性洗剤を入れた水で押し洗いし、流水で流してから水気を拭き取り、しっかり乾かしましょう。

長く水につけたままにしたり、濡れた状態で長時間放置したりすると、ゴムの劣化が早まるので、早めに拭き取りましょう。

また、ベタベタするのが心配なら、暑くて皮脂が出やすい夏は使用を控えて、涼しくなってから使うという方法もありますよ。

コラントッテのメッキは剥がれやすい?

きちんとお手入れして丁寧に扱っていれば、コラントッテのメッキがすぐに剥がれてしまうという事はなさそうです。

しかし、コラントッテを使っていて、すぐにメッキが剥がれたという人もいます。

なかには使い始めてからたった3か月でメッキが剥げてきたという口コミもありました。せっかく買ったのにすぐにメッキが剥げてしまったらガッカリですね。

特に黒など濃い色の部分のメッキが剥げると、目立ってしまいます。

しかし、一日中コラントッテを着けていて、入浴時でも外さないという人でも、2年ほどは剥がれてこなかったという口コミもあります。

なぜメッキが剥がれるまでの期間に差があるのでしょうか?

その理由はおそらく扱い方やお手入れにあります。

メッキ加工というのは、汗や皮脂、汚れに反応したり、摩擦や摩耗があったりすると剥がれやすくなります。

その為、定期的にメンテナンスしたり、大切に扱ったりすればメッキが剥がれず長持ちする可能性が上がりますよ。

コラントッテはすぐに外れる?

コラントッテは外れやすいという意見もありますが、手を引っ掛けたりしない限りは外れないので、日常生活では特に問題にはならないでしょう。

磁石で留める作りの商品は、磁力以上に強い力で引っ張られれば当然外れてしまいます。

その為、普段つけていても、いつの間にか外れて無くなってしまうのでは?と心配になる人も多いようです。

ただ、日常生活の中では着替える時に引っ掛けないよう気を付けておけば、それ以外のシーンでは基本的に勝手に外れることは考えにくいですよ。

また安全の為にも、ある程度の力が加わったら外れるようになっていれば、首が締まる心配はありません。

コラントッテはお風呂で着用しても大丈夫?

コラントッテを着けたままお風呂に入っても良いのでしょうか?

結論としては、シリコン製のものなら大丈夫です。

アクティブワックルネックやアクティブワックルリスト、ワックル ネック Ge+やワックル ループサポーターライト、TRION:Zやフレックス ループ、さらにフレックス ネックⅠなどはシリコン製です。

これらのシリコン製品は水に強いので、お風呂での着用も可能です。ただし、濡れた後は柔らかい布などで水気をよく拭き取り、完全に乾いてから使いましょう。

それ以外のコラントッテ商品は、成分によって変色したり、劣化したりする恐れがあるので、お風呂に入る時は外しておくのがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!