ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

結婚する気がない娘の原因を作ったのは親だった?

  • 2022年11月17日
  • 婚活
  • 6View

「私は結婚するつもりがない」と親にはっきり伝える子供っていますね。

特に仲良くしていた娘に言われると「孫を見せてもらうこともできないの?」なんて少し悲しくなります。

しかし、もしかしたら結婚する気がない娘の原因は親であるあなたが原因かもしれません。

本記事では、結婚する気がない娘の原因を探ってみました。

結婚する気がないのは当然かも!親が作ったであろう原因とは?

娘が結婚生活に夢を抱けないのは、もしかしたら親が原因かも・・・

原因を箇条書きでまとめてみました。

・夫の愚痴を子供に言いまくっていた

・結婚相手の理想を伝えている

・義理両親の愚痴を言い続けていた

・夫の愚痴を子供に言いまくっていた

夫にイライラする時、つい子供に夫の愚痴を言ってしまっていませんでしたか?

いくら夫にイライラすると言っても、子供の半分は夫の遺伝子が入っています。

子供にとっては両親とも大切な存在なので、自分のお父さんの悪口を日々聞いていると結婚にいいイメージを抱くことが出来なくなります。

その結果、「結婚してこんな生活になるくらいなら、独身で一人暮らしをしていた方が楽だ」と思ってしまうようになります。

・結婚相手の理想を伝えている

自分が結婚に失敗したり、結婚生活を送る中で夫の不満を見つけたりすると、子供に「こういう人とは結婚してはいけないよ」と伝えたくなってしまいます。

そして、「結婚するなら年収が高くて優しくて・・・」など、ついつい子供の幸せのために結婚相手の条件をつけてしまうことも・・・

しかし、親が望む娘の結婚相手の条件に、あなたの娘が身の丈に合っているかどうかは別問題。

そのため、自分とはかけ離れた生活をしている人を結婚相手にしろと言われ続けて育った子供は、その理想を追い求め、やがて「そんな人はいないから結婚しないでおこう」と結婚を諦めてしまいます。

また、理想の相手ではない人だと「この人と結婚しても幸せになれない」と別れてしまい、結果独身を貫く人もいます。

・義理両親の愚痴を言い続けていた

最後に、義理両親の愚痴を聞き続けていた子供も結婚にいいイメージをもてないことが多いです。

なぜなら、子供ながらに「自分の大事なお母さんをこんなに悲しい目に合わせる義理両親はひどい人!」と思ってしまいがちだからです。

そして、成長していく中で「他人とくっつくことがめんどくさい」と思うようになり、一人の時間を楽しむようになっていきます。

以上のどれか一つでも子供に行っている場合、子供は親を軽蔑したり結婚に前向きになれずに育つことが多いです。

そのため、もしも同じことをしていたとしたら、娘が結婚しない理由は親であるあなたが原因を作っているかもしれません。

娘に結婚してほしい!親として今から出来ることは何!?

つまり、因果応報ということで親がしてきた愚痴というのは巡り巡って子供伝いに自分に帰ってくるということですね。

しかし、やってしまったものは取り返しがつきません。

そのため、割り切って今から娘が結婚に前向きになれることを考えることが大切です。

娘の結婚のために親が出来ること、それは、「娘との距離を置く」ということでしょう。

きっと、結婚しない娘は親元を離れなくて同居していた方が肉体的にも精神的にも金銭的にも楽だと思っているはずです。

その考えをなくすためにも、まず娘に一人暮らしをさせてみましょう。

そして、娘と距離をとりながら自分が夫と平和に暮らしていることをさりげなく見せるのです。

すると、娘は「なんだ、私がいなくても2人で仲良く生活してるんじゃん。私も一人での生活は寂しいし大変だから、やっぱり結婚してみよっかな」という気持ちが芽生えてくるでしょう。

まとめ

娘が結婚する気がない原因は、親が原因の可能性があります。

・夫の愚痴を子供に言いまくっていた

・結婚相手の理想を伝えている

・義理両親の愚痴を言い続けていた

今まで上記のようなことを娘に言い続けていたのならば、それは娘は結婚に良い印象を持つことが出来ずに育ってしまっているはずです。

親ならば、愚痴を言いたい時には本を読んで気持ちを落ち着かせたり他の友達に愚痴ったりして子供を守るようにしてください。

そして、娘が幸せな結婚を前向きに考えられるように、少し娘と距離をとって夫と2人で生活してみることをおすすめします。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!