ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

なんでもできる人が嫌われる理由を紹介!嫌われない方法は他人の意見に耳を傾ける

あなたの周りに何でもそつ無くこなしてしまうような人はいませんか?

一見頼りがいがあって信頼されることも多いですが、時には嫌われてしまうこともあるのです。

そこで今回の記事では、なんでもできる人がなぜ嫌われてしまうのか、その理由を深掘りします。

なんでもできる人が嫌われる理由

なんでもできる人が嫌われるのは、「努力をしていないように見える」からです。

なんでもできる人は頼まれ事に対して断るということをほとんどしませんし、周りからの信頼も厚いです。

そのため、努力もしていないのにと嫉妬され、特に同性から嫌われる傾向にあります。

なんでもできる人の特徴

なんでもできる人の特徴として、1つ目に「要領が良い」ということがあげられます。

要領の良い人はやるべきことの優先順位をつけるのが上手で、優先順位の高い順番からテキパキと物事をこなしていきます。
そのため、周りからはいつも落ち着いている人だと思われる傾向にあるでしょう。

なんでもできる人の特徴として、2つ目に「嫌いな人にも話を合わせられる」ということがあげられます。

なんでもできる人は、自分の好き嫌いに関係なく、仕事と割り切って上手く付き合うことができます。また、そもそも好き嫌いが少ないという人も多いです。
基本的には自分の気持ちを強く主張することはなく、まずは相手を受け入れ、話を聞いて理解してあげることができる優しい性格の人が多いでしょう。

なんでもできる人の特徴として、3つ目に、「努力を人に見せない」ということがあげられます。
なんでもできる人は褒められたり、注目されるのが好きという人が多いのが特徴である一方で、努力している姿は恥ずかしいと考えている人も多いです。

ですので、なんでもできる人ははじめからなんでもできた訳ではなく、陰でこっそり努力している人が多いでしょう。

嫌われない方法は?

嫌われない方法の1つ目に、「1つのことにのめり込む」ということがあげられます。

なんでもできる人は得意なことと不得意なことの区別がつかなくなって、どれも中途半端になっている場合があります。

ですので、今まで後回しにしていたことや苦手意識のあることの中から1つに絞って、チャレンジしてみると良いでしょう。

嫌われない方法の2つ目に、「ライバルを見つける」ということがあげられます。

なんでもできる人は近くにライバルが居ないと張り合いがなく、すぐにやる気を失ってしまう傾向にあります。

ですので、自分よりできる人や人気がある人を見つけてライバルとすると良いでしょう。
なお、ライバルは同性で同世代の人がおすすめです。

嫌われない方法の3つ目に、「他人の意見に耳を傾ける」ということがあげられます。

なんでもできる人は、他人から指摘を受ける機会が少なく、自分のやり方が正しいと思い込んでいる場合があります。

ですので、他人の意見に耳を傾けてアドバイスとして受け入れると、自分のレベルもあげることができるでしょう。

まとめ

なんでもできる人は、「努力していないように見える」「要領が良すぎる」などの理由で嫌われてしまう場合があります。

それを防ぐためには、ライバルを見つけて向上心を忘れないようにしたり、他人からのアドバイスにも真摯に向き合うと良いでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!