ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

外干しすると虫が怖い!ストレスフリーで外干しするための5つの工夫

外干しすると、服にハチやカメムシなどの虫が一緒にくっついてしまい、気が付かずに取り込んだ時にびっくりすることがあります。
そこで本記事では、外干しをしてもストレスフリーで乾かせる4つの方法をご紹介いたします!

外干しで虫が怖い!まずは「柔軟剤を変えてみる」

部屋干しでもいいけど、やっぱり外干しのカラッとした服の方が袖を通した時に気持ちがいいですよね!

そこで、まず試していただきたいのが「柔軟剤を変える」ということ。ハチやカメムシなどは、甘い匂いが大好きです。

だから、柔軟剤のフローラル系の甘い香りがすると寄ってきてしまいます。

もし、今使用している柔軟剤がフローラル系だったりミルクの香りがする時は、無香料or微香料タイプに変えてみてください。

ネットを張ってみるのもオススメ

次におすすめするのが、ネットを張ってみることです。

園芸センターやホームセンターに行ってみると、自分の好きな長さだけネットを購入することができます。

そこで外干しする時に虫が入らないような目の大きさのネットを買い、ベランダに取り付けてみましょう。

これなら、日光の光も当たりますし虫も入らなくなります。

壁紙の色を変えてみる

もしお金に余裕がある時は、壁紙の色を変えてみるのも一つの方法です。

服につく虫は、明るい壁紙の所に寄ってきます。そのため、白い壁紙にしているお家だと虫が寄ってきやすいです。

ベランダでの家庭菜園をやめてみる

ベランダで家庭菜園をしていることも、虫を寄せ付けている原因の一つです。

例えば、一度匂いがついてしまうと何度も洗濯しないと匂いが取れないほど強烈な匂いを放つカメムシは、せり科やマメ科の植物が大好きです。

場所を変えて育てることで、カメムシが近寄ることを予防できますよ。

午後2時までに洗濯物を取り込む

最後は、洗濯物を干す時間帯を変更することです。
時々、夜に洗濯して外干しをしていることがありますが、夜に外干しすると虫が洗濯物に卵をつける場合があります。

洗濯したての衣類は適度に湿度があり空洞になっていることから、虫にとっては格好の産卵場所なので気を付けましょう。

一番虫を寄せ付けないのは、朝干して午後2時まで洗濯物を取り入れることです。

虫は夕方から夜にかけて活動的になるので、明るい内に取り込んでしまうのが一番です!

また、どうしても夜に洗濯をしたい場合はコインランドリーで洗濯から乾燥まで終わらせることをおすすめします。

家庭用乾燥機でもいいのですが、コインランドリーの方がパワーが強いのでカラッと仕上がりますよ!

まとめ

外干しすると虫がくっつくのは怖いですよね!私もハチがついていてびっくりした経験があります。

このような不安を解消するために、下記の方法を実践してみましょう。

・柔軟剤を変えてみる
・ネットを張ってみる
・壁紙の色を変えてみる
・ベランダでの家庭菜園をやめてみる
・午後2時までに洗濯物を取り込む

季節によっては毎日悩まされることも多い虫問題・・・

虫がくっつく好条件が揃う環境にならないよう、自分にできる方法で解決していきたいですね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!