ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

シャンプーのツバキはやばい、髪に良くないのか?

  • 2021年8月10日
  • 2021年8月24日
  • 美容
  • 32View
  • 0件

シャンプーのツバキはやばいと言われていますが、洗浄力の強さが大きな問題となっているようです。ダメージケアには、低刺激な洗浄成分を配合したシャンプーを選ぶことがとても大切です。

髪と頭皮をやさしく洗い、髪質から改善してくれるシャンプーで艶髪を目指しましょう。

シャンプーのツバキはやばい、髪に良くないの?

ツバキは髪に良くないシャンプーだと言われています。

美容院でツバキを使っていることを伝えると、髪がパサパサする、カラーの色落ちが気になる、頭皮の必要な油分まで取られてしまっているなど、日頃ツバキでシャンプーしている髪は美容師さんからの評判もよくありません。

また、ツバキは頭皮に必要な油分は取られてしまうのに、粗悪な油分は頭皮に残してしまいます。油分だけでなく粗悪なシリコンも髪や頭皮に残り、それらが蓄積されることによって毛穴が詰まってしまうのです。

ツバキがやばいと言われるのは、以下の3つの理由があります。
・洗浄力の強い成分が入っている
・シリコンシャンプーである
・髪の栄養を補うことはせずコーティングのみ

洗浄力が強い成分が入っている

ツバキには「ラウレス硫酸Na」という成分が含まれています。この成分は市販の大衆シャンプーに配合されていることが多いのですが、頭皮を守っている皮膚常在菌を死滅させてしまうほどの洗浄力の強い成分だと言われています。刺激が強いため、頭皮が弱い人は特に注意が必要です。

洗浄力が強いということは、ワックスなどの整髪料の汚れはしっかり落としてくれるのですが、毎日使用していると残留成分により頭皮が乾燥し、それによってフケや痒みなどのトラブルにも繋がります。

シリコンシャンプーである

ツバキにはシリコンが配合されています。
上記で説明したように、ツバキは洗浄力の強いシャンプーです。洗浄力が強いと、髪にとって必要な油分まで取られてしまうため、髪がきしみます。そのようなシャンプーは手触りを良くする目的でシリコンを配合するようです。

シリコンが入っていること自体は世間で言われているほど悪いことではありません。しかし、使い続けることでシリコンが髪や頭皮に蓄積することが考えられます。その結果、パサつきやべたつきなど髪の質が低下してしまうのです。

髪の栄養を補うことはせずコーティングのみ

ツバキにはツバキ種子油やスクワランといった保湿成分が配合されています。シリコン同様、洗浄力の強さからきしむ髪を手触りよく仕上げるという目的で配合されていると考えられます。

洗いあがりの手触りがいいということは、コンディショニングの効果が高く、髪質が改善されたと思われがちです。しかし、髪の栄養は補われていないため髪の本質は改善されていません。補修されているわけではなくコーティングによって髪を綺麗に見せているということなのです。

ツバキの悪い口コミは?

香りがよく泡立ちがいいですが、コンディショナーが肌残りしやすいのか、使い始めてからうなじと肩によく吹き出物ができるようになってしまって使うのをやめました。
引用元URL:https://www.cosme.net/product/product_id/10187759/review/508368826

香りや泡立ちも大切ですが、髪や頭皮だけでなくうなじや肩にまで悪影響があるというのは問題です。髪を洗い流す時にうなじや肩についた成分が洗いきれずに肌に残り、肌トラブルを引き起こしていることが考えられます。うなじや肩は薄着の季節は見える部分でもあるので困りますね。

「リペア」というフレーズに魅力を感じて買ったのですが……。コンディショナーはともかく(可もなく不可もなくという感じ)、シャンプーが!!きしみます。髪同士が束になっていてきしむという、初めての経験をしました。ノンシリコンってこういうものなのでしょうか?
引用元URL:https://www.cosme.net/product/product_id/10187759/review/508970118

リペアというフレーズは惹かれますよね。しかし、ツバキは髪質からのリペア(補修)ではなく、コーティングにより手触りを良くしていると言われています。
また、髪同士が束になってきしむというのは、粗悪な油やシリコンが残っていることが原因ではないかと考えられます。

ダメージケアなら、ボタニストがおすすめ

ダメージで悩んでいる髪にはぜひボタニストを試してみてください。

ダメージケアには低刺激な洗浄成分を選ぶことが大切だとされていますが、ボタニストは低刺激な洗浄成分として有名な「ラウロイルメチルアラニンNa」が配合されています。

低刺激な洗浄成分は髪にも頭皮にもやさしく、必要な油分を残しながら汚れを落としてくれるため、きしみやべとつきが気になりません。

また、保湿成分のゲットウ葉エキスは、ダメージ補修の役割を果たし艶髪へと導いてくれます。
枝毛、切れ毛など髪のダメージに悩んでいる人はぜひ試してみてください。

まとめ

ツバキがやばいと言われる理由は、洗浄成分が強い、シリコンシャンプー、補修ではなくコーティングされている、ということでした。

そして、この3つの理由が原因で髪のきしみやパサつき、頭皮のべたつきや毛穴つまりなど様々なトラブルが引き起こされることがわかりました。

ダメージケアに効果的なシャンプーを選ぶ秘訣は、低刺激な洗浄成分です。

低刺激な洗浄成分を配合したボタニストで、髪と頭皮の悩みを改善していきましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!