ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

フィットライフコーヒーはまずいのか?おいしくするにはミルクやオリゴ糖をいれてみる

  • 2021年10月10日
  • 2021年10月22日
  • 健康食
  • 3View
  • 0件

飲むだけで血糖値の上昇をおだやかにしてくれる効果が期待できる「フィットライフコーヒー」。

しかし、ネット上ではまずいという声も挙がっています。

そこで今回の記事では、フィットライフコーヒーは本当にまずいのかを検証し、美味しく飲む方法を紹介します。

「まずい」、「飲みにくい」という口コミ

コーヒーと思って飲むと痛い目にあいます。
コーヒー風味です。
薄味で美味しくはなかったです。

引用元:https://s.cosme.net/product/product_id/10074794/review/503803278

→「薄味でまずい」という声は他にもありました。本格的なコーヒーが飲みたいという方には向かないかもしれません。

甘さはありません、私はブラックコーヒーが好きなので
このままで美味しいのですが
甘さが欲しい方は、糖質やカロリーOFFのシュガーも
併用すると良いかもしれません。

引用元:https://s.cosme.net/product/product_id/10074794/review/503803278

→「苦い」という声も多くありました。普段コーヒーにミルクや砂糖を足して飲んでいるという方は尚更まずいと感じるかもしれません。

おいしくするにはミルクやオリゴ糖をいれてみる

フィットライフコーヒーは原則ブラックで飲むことを想定して作られていますが、もし苦いと感じる方はミルクやオリゴ糖などを入れて飲んでみてはいかがでしょうか。

糖質制限のある糖尿病患者さんやウェイトコントロールが必要な方はもちろん一般的に使われるグラニュー糖や白糖はだめです。

ただし、浅田飴さんが販売しているシュガーカットSやオリゴ糖、キシリトールなどであれば入れても大丈夫です。

GI値60以下の食品は血糖値の上昇を抑えると言われていますので、GI値の低い甘味料を選んで取り入れてみてくださいね。

フィットライフコーヒーの効能・副作用は?

フィットライフコーヒーには食後の血糖上昇や中性脂肪上昇を抑え、インスリン分泌を穏やかにしたり、中性脂肪やコレステロールを低下させる効能があります。

なので、血糖値が気になる方や肥満気味な方にはおすすめですよ。

そして、副作用はないとされています。

フィットライフコーヒーには難消化性デキストリンという物質が含まれていますが、これはトウモロコシなどに含まれる、天然の食物繊維です。

あまり聞き慣れない物質ではありますが、消費者庁や米国食品医薬品局からも、安全性の高さが認められていることから、原材料としても問題なく、副作用も無いでしょう。

飲むタイミングは?

フィットライフコーヒーは1日1〜3杯を目安に飲みましょう。

そして、食後の血糖値をコントロールするのが目的なので、飲むタイミングとしては、食事の前か食事と一緒に飲むのがおすすめです。

食事の前や食事中に飲むことで、コーヒーに配合されている成分の効果を最大限引き出すことができるようになります。

売ってる場所・販売店は?

フィットライフコーヒーはなかなか店舗での販売は一般的ではありませんので、購入を考えている方はネット通販がおすすめです。

もちろんAmazonなどの大手通販サイトからも購入可能ですが、60杯入りの大容量しか取り扱いがありませんでした。

そこで、ミル総本社から発売しているエクサライフコーヒーであれば、特定保健用食品で、今なら500円(税込540円)モニターを行っています。

このモニターであれば、500円で5杯分試すことができますので、「どんな味なのか1度飲んでみたい!」とお考えの方は、ぜひこちらをご利用ください。

>>エクサライフコーヒーのお試しセットはこちら

まとめ

フィットライフコーヒーはブラックで飲むことを想定して作られているため、普段コーヒーにミルクやお砂糖を入れる習慣がある方は「まずい」「苦い」と感じやすくなるでしょう。

その場合はGI値の低い甘味料を加えてみてください。そうすれば飲みやすくなりますよ。

これからフィットライフコーヒーを始めたいと考えている方には、ミル総本社のエクサライフコーヒーのモニターがおすすめです。

500円で試すことができますので、ぜひご検討ください!

>>エクサライフコーヒーのお試しセットはこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!