ガッツギアは太る?いいえ太りません

  • 2021年4月5日
  • 2021年4月5日
  • グッズ
  • 6View
  • 0件

ガッツギアはバナナ2本分のエネルギーとカルシウム、アミノ酸1500㎎を配合した子供用のゼリードリンクです。

今回は子供に人気のガッツギアは太るのか?ダイエットに効果的なのかについて解説します。

ガッツギアは太る?太らない?

ガッツギアはたっぷり250gでキャップ付きの為いつでもどこでも好きなタイミングで摂取する事が出来ます。

ガッツギアを1日に何個も飲みすぎると太る原因になりますが、1日1個程度ならガッツギアで太ることはありません。

ガッツギアは1袋あたりエネルギーが200kcalあるので、これはご飯一杯分とほぼ一緒です。ですので食事の度に1袋、おやつに1袋と飲みすぎるとカロリーの摂りすぎになって太る原因になります。

栄養成分表示

1袋(250g)あたり
エネルギー:200kcal、たんぱく質:1.5g*、脂質:0g、炭水化物:50g*、食塩相当量0.34g、カルシウム:130mg

https://www.ajinomoto.co.jp/products/detail/?ProductName=aminovital_15

ガッツギアはアミノ酸1500㎎を配合しているので、運動前に飲むと効果的です。カルシウムやタンパク質が豊富に含まれているので体を作るのに役立ってくれます。

ガッツギアは太るかどうかを気にする飲み物ではなく運動前に飲んで体に必要な栄養素を効果的に補うドリンクなので、太るかどうか気になるのであればカロリーの低い「ウィダーインゼリー カロリーゼロ」がオススメです。

ガッツギアに限ったことではありませんが、「いくら摂取しても太らない」という物はないので、飲みすぎに注意しながら適度に摂取するのがいいですね。

ガッツギアはお菓子をたくさん食べるよりは全然マシですし、何より値段も手頃なのでおやつとして食べる分にはアリです。何事もほどほどを意識するようにしましょう。

ガッツギアはスポーツ時が効果的

ガッツギアはスポーツをするときに飲むのが最も効果的です。

ガッツギアの効果は、食事でとれない必要な栄養素をとれること、運動時の水分補給です。

栄養が不足した状態では運動パフォーマンスも落ちてしまうので、なるべく運動をする前に飲むようにしましょう。

ガッツギアには筋肉のもととなるタンパク質やエネルギー源となる糖質も含まれるので、運動前の限られた時間で栄養を取るにはゼリータイプのガッツギアがいいですね。

運動前じゃなくても、運動中にのむことで水分補給にもなります。

運動後にガッツギアを飲めば疲労回復を助ける効果も期待できます。

ガッツギアの口コミを紹介します

他社の製品と比べ、量が多くて1パックで十分満足できます。味もりんご味で美味しく、手軽に素早くエネルギー補給ができます。スポーツ時などは欠かせない商品です。

美味しくて手軽にエネルギーが補給できる点でガッツギアはスポーツをするときに飲むのがオススメですね。

量が多いのでウィダーに比べたら物足りなさは感じない。しかし、甘味料が使われているのでウィダーより不味いしカラダにも良くはない。

https://www.amazon.co.jp/pcr/3456960051

一方でウィダーインと比べるとイマイチ・・という口コミもあります。

たしかにウィダーインとガッツギアを単純に比べた場合、ウィダーインには敵わない、というのが正直なところですが、「値段が安い」「子供でも飲みやすいパッケージ」という点ではガッツギアが圧勝している点です。
週に何度も飲むという点を考慮すると手が出しやすいガッツギアに分配が上がります。ウィダーインは値段が200円もしますがガッツギアは100円で買えちゃいます。

>ガッツギアをお得にまとめ買い

ガッツギアはダイエットに向かない

ガッツギアはダイエットに向かないドリンクです。

甘いケーキやスナック菓子は、言うまでもなく太るし栄養バランスが偏るためおすすめできません。

その点、ガッツギアは筋肉のもととなるタンパク質やエネルギー源となる糖質だったり不足しがちなカルシウムも含まれるので、ダイエットには向かないけどスポーツをするお子さんには向いています。

ガッツギアは、お子さんのおやつとして食事で摂れない必要な栄養素を補助的にとるのにアリですね。

最新情報をチェックしよう!