ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

院卒が結婚するタイミングは遅め!?7人の友達から考察!

  • 2022年11月14日
  • 婚活
  • 8View

大学を卒業して更に2年学生をする院卒生。

そういう人たちって、結婚するタイミングが遅くなるのでは?なんて考えていませんか?

本記事では、私の周りに実際にいる院卒の人たちが結婚が遅かったかどうかをご紹介いたします。

院卒でも結婚するタイミングが早い人もいる

結論から言うと、院卒の人でも結婚するタイミングが第一次ラッシュ(25~26歳くらい)の人もいます。

院卒で第一次ラッシュで結婚するとなると、院卒の人ならばまだ社会人を3年も経験していないことになるのですが・・・

それでも結婚してしまう人たちはこんな院卒でした。

・学生の時からずっと同じ人と付き合っていた

・授かり婚になってしまった

・女性に押された

特に多かったのが「学生時代から続いていた人と結婚する」という院卒の人たちです。

そもそも、院まで出ているということは、それなりに学歴が高い人たち。

そのため、就職する時にもそれなりの就職先が見つかることが多いもの。

彼女側もそれを分かっているからでしょうか??すんなり結婚してしまう人がいました。

院卒で一番多いのは第二次ラッシュでの結婚

私の周りの院卒で一番多かったのが第二次ラッシュでの結婚でした。

第二次ラッシュの結婚は、28歳くらいでの結婚ですね。

これは、院卒の人ではなくても一番多い時期でしょう。

ちなみに、私の旦那も院卒でして、旦那が28歳の時に結婚→29歳で子供を一人授かりました。

どうして私が旦那との結婚を28歳に決めたのかというと、やはり社会人を最低3年は経験してもらいたかったからです。

私が働いていた会社でも、新卒で早々に結婚していく人は何となく周りから「今は新婚で楽しく浮かれてちゃ他の同期に抜かされるよ?」みたいに思われていたので、旦那に同じような目にあってほしくなかったからです。

そして、私の知っている他の院卒の人たちも28歳前後で結婚していきました。

そういう人たちが口を揃えて言うことは、やはり「そろそろだと思う」でした。

つまり、院卒出の人たちも結婚適齢期を気にしているのです。

特に男性の場合、女性をあまり待たせてしまっては子供が授かりにくくなってしまうことも分かっているし、女性からも「早く結婚したい」と言われるので、彼女がいる院卒の人はすんなり結婚していくのでしょう。

私の印象ですが、この第二次ラッシュで結婚していった院卒の人たちが一番安定した家庭を築いているような気がします。

時期を逃して結婚が遅れた院卒生もわずかに存在する

私の周りに院卒で独身の人は誰一人としていません。

しかし、時期を逃して結婚時期が遅れた院卒生は数人います。

そういう人たちは、「俺は30歳までは結婚せず、自由でいたい」と考える人ばかりでした。

では、30歳で結婚するのかと思いきや、いい出会いがなくて独身のままズルズルいってしまっていた印象です。

院卒の結婚タイミングはどれがベストなの?

では、院卒の人たちが結婚するタイミングってどれがベストなのか?

もちろん、人それぞれ結婚するタイミングは違うので、「絶対にこの時期がいい!」ということは言えません。

しかし、色々な院卒生を見てきて思うことは「第二次ラッシュの時に結婚していく人が社会生活も安定している」ように見えます。

なぜかというと、第二次ラッシュで結婚すれば何とか30手前で一人子育てを開始することが出来るので体力がありますし、社会人を独身でがむしゃらに勉強する時期も3年間あったおかげで、社会人としてもちゃんと認められる地位を確立している人が多いからです。

実際、私の周りでは、独身で社会人生活を3年やらなかった人は、一流企業に勤めたけど社会人として失敗しましたし、35歳くらいで結婚した晩婚の院卒の人は子供が2人ほしかったようですが今だに一人しか授かっていません。

このようなリスクが高くなることを見ているので、普通の時期に結婚していくのが一番かなと感じます。

まとめ

院卒の人が結婚するタイミングは人それぞれですが、一番多いのは第二次ラッシュでの結婚です。

第二次ラッシュの人は、社会人生活を3年がむしゃらに行った後、身を固めるという考えの人が多いような気がします。

あなたの周りの院卒はどうでしょうか?

結婚は適齢期がそれぞれ違いますが、自分に合ったタイミングで結婚して幸せを手に入れたいものですね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!