ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

公的職業訓練に受かりやすい年齢が決まっているの?コースによる年齢層や年齢が高い人が落とされる理由

就職に役立つ知識やスキルを習得できる制度の「公的職業訓練」もしくは「ハロートレーニング」ですが、受かりやすい年齢があるのか年齢が高い人が落とされる理由などを解説していきたいと思います。

公的職業訓練に受かりやすい年齢が決まっているの?実は年齢層もバラバラ

公的職業訓練に受かりやすい年齢が決まっているのかというと決まってはいません。

ただし、コースによっては年齢層が高く若い人が少ない場合もあります。

パソコンの基礎コースは中高年女性が多い

公的職業訓練のパソコンの基礎コースは中高年女性が多いコースです。

パソコンの基礎コースでは、パソコンの操作や文字入力の方法・Office系ソフトの操作習得を目指すなど基礎的なことを学びます。

このコースを受けられる人の多くは、パソコン操作を知らないまま結婚・出産・育児に入り、長い間仕事から離れてしまっている人が多いです。

受講生の比率は、20代が20%・30代が40%・40代が30%・50代以上が10%となっています。

資格取得を目指すコースは中高年が多い

公的職業訓練の会計士やファイナンシャルプランナーなどの資格取得を目指すコースは、半数以上が35歳以上です。

中には定年後に再就職を目指す方もいて、年齢層が高い傾向にあります。

20代の若い人はクラス全体の1割未満なのです。

その理由として、公的職業訓練の資格取得コースの多くが経験職種を活かすためのものだからです。

例えば会計士などは経理や税理士としての経験がある方が目指す資格であるため、経験の浅い20代の人が受けることが少ないのです。

公的職業訓練を利用するメリット

次に、公的職業訓練を利用するメリットを解説していきたいと思います。

手当をもらいながら無料で訓練を受けることができる

普通なら費用がかかる勉強が公的職業訓練の場合、手当を受けながら無料で訓練を受けることができます。

そして、資格やスキルを身につけることで就職が有利になったり、今後の人生の選択肢が増えることにつながります。

就職サポートがある

求職中、資格持っていても「実務経験が無い」という理由で不採用になることがあります。

しかし、公的職業訓練を利用していると訓練機関がハローワークと連携して就職先を紹介してくれることがあるので、スムーズに就職先を見つけられます。

生活リズムを整えられる

公的職業訓練を利用していると生活リズムが整うメリットがあります。

家に引きこもりにならない上、公的職業訓練に通う同じ状況の仲間と学ぶ経験もメリットになります。

年齢が高い人が落とされる理由

公的職業訓練に受かりやすい年齢は決まってはいませんが、年齢が高い人が落とされる場合があります。

その理由を見ていきましょう。

プライドが高い

年齢が高い人の多くが、「自分はこのスタイルで生きてきたから今さら変えない!」といったプライドが高い人が多くいます。

そういった方は、宿題を期日までに提出するなど公的職業訓練の課題にも従わないことがあります。

例え、このような人が就職したとしても自分より年下の指示に従ってくれると思えないため落とされてしまうのです。

カルチャースクールと勘違いしている

公的職業訓練を趣味や教養の場など「カルチャースクール」と勘違いしている人もいます。

「何となく○○が学べるっぽいから応募した。」という気持ちであれば、就職するつもりでもないので落とされてしまいます。

年齢による記憶力等の低下

年齢による記憶力等の低下などで授業についてこられないことも考えられます。

なかには、努力でカバーする人もいますが、カバーしきれない人もいるのが現実です。

授業についてこられなくなると「退校」という選択をしてしまいます。

そうなると訓練校も収入が減ってしまいます。

その可能性を少しでも減らすため、最初から年齢の高い人を入校させないという考えもあります。

まとめ

公的職業訓練に受かりやすい年齢が決まっているのかというと決まってはいませんが、コースによっては年齢層が偏っていることがあります。

また、年齢が高い人が落とされてしまうことも実際にはあります。

ぜひ、公的職業訓練に興味がある方は、「ハローワーク インターネットサービス」のWebサイト内にある「職業訓練検索」を検索してみてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!