ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

くるみとココナッツのキャラメリゼが太るはウソ!低糖質なのでダイエット向き!

  • 2021年11月9日
  • 2021年11月9日
  • 健康食
  • 7View
  • 0件

ローソンで売っている「くるみとココナッツのキャラメリゼ」はサクサクした食感が美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、くるみとココナッツのキャラメリゼのカロリーや糖質を調べた上で、1日にどれぐらいであれば食べても太らないのかを検証していきます。

くるみとココナッツのキャラメリゼは太る?むしろダイエット向き

くるみとココナッツのキャラメリゼは甘くて美味しいだけでなく、ナッツに含まれる良質な脂質がとれるため、ダイエット向きだと言えます。

それに、ナッツのしっかりとした噛みごたえは満足感が得やすいですし、キャラメルの甘さがダイエット中の方の心も満たしてくれるので、最高のおやつです。

小腹が空いたときには、スナック菓子や菓子パンなどではなく、この商品をチョイスすると良いでしょう。

カロリーと糖質は?

くるみとココナッツのキャラメリゼは249キロカロリーで、糖質は5.4gです。

くるみは約7割が脂質で出来ているため、どうしてもカロリーは高くなってしまいます。

ですが、糖質はお菓子の中ではかなり低い値ですので、糖質制限中の方にもおすすめできる商品だと言えます。

食べた人の口コミは?

キャラメルの甘さは優しく口に広がります。
こんなに美味しいのにロカボ商品なのが信じられません!笑
ココナッツ、くるみ、アーモンドがいいバランスで入っており食感を永遠に楽しめます( ; ; )

引用元:https://mognavi.jp/food/2354900

→甘くて美味しいお菓子なのに低糖質というのはなんとも嬉しいですよね。

 

くるみと素焼きアーモンドは勿論美味しいのですが、特にココナッツは美味しかったです。
肉厚の果肉使用と書いてありますが本当に肉厚で、一つ4cmくらいの木片のようなココナッツが混ざっていたりして驚きました笑

引用元:https://mognavi.jp/food/2354900

→くるみが美味しいのはもちろんのこと、ココナッツは肉厚の果肉を使っているため、食べ応え抜群ですよ。

くるみの栄養素は?

まず、くるみには魚の脂と同じn3系多価不飽和脂肪酸が含まれているため、血中のコレステロールを減らす作用や脳の働きをサポートする力があります。

2つ目にポリフェノールが豊富で抗酸化作用が強いため、動脈硬化や老化を予防する効果があります。

3つ目に亜鉛や鉄・カリウムなど複数のミネラルが入っているため、タンパク質の合成や酸素の運搬など身体がきちんと働けるようにサポートする役割があります。

最後にビタミンEも豊富に含まれているため、身体の細胞を酸化から守り、若々しい状態を保つことができるでしょう。

どのくらいまで食べていいの?

厚生労働省では、間食は1日に200Kcalまでを推奨していますが、ダイエット中の場合には1日の摂取カロリーが消費カロリーを超えないように、食事だけでなく間食も含めて調整する必要があります。

クルミはカロリーが高いため、1日に10粒程度を限度とし、食べ過ぎには注意しましょう。

機能性表示食品のダイエットサプリも試してみて

なかなか甘いお菓子を制限するのが難しい方は、ダイエットサプリを試してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介するスリムサポは、1日1回飲むだけで肥満やぽっこりお腹を解消することができます。

消費者庁が認定した機能性表示食品ですので、確実に効果を実感することができるでしょう。

>>スリムサポをみてみる

まとめ

くるみとココナッツのキャラメリゼは低糖質なため、ダイエット中の方にもおすすめできるお菓子です。

ただ、くるみはカロリーが高いため1日に10粒を限度とし、食べすぎには注意する必要があります。

最後に、食べたいものを我慢したくない!という方は、ダイエットサプリの飲用を検討してみてはいかがでしょうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!