ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ロカボナッツの食べるタイミングは3つ!食事をする30分前、間食、朝食

  • 2021年9月27日
  • 2021年9月27日
  • 健康食
  • 39View
  • 0件

近年生活習慣病の予防やダイエットなどの効果があるとされ、注目を集める「ロカボナッツ」。

今回の記事ではその効果を最大限高めるために、ロカボナッツを食べるおすすめのタイミングを紹介していきます。

ロカボナッツのロカボって?

「ロカボ」とは、食・楽健康協会の山田悟先生に推奨された食事方法で、ロー(低い)+カーボハイドレート(炭水化物)という言葉の略です。

ゆるやかな糖質制限という意味で、カロリーは制限せずに栄養素の中で唯一血糖値をあげると言われている糖質を1食20〜40g、1日70〜130gに制限する食事方法で、それを実践することで食後の血糖値上昇を抑えてくれます。

ロカボナッツであればひと袋の糖質は1.6gしかありませんので、おやつとして糖質を気にすることなく口にすることができます。

ロカボナッツの食べるタイミングは3パターン

ロカボナッツを食べるのにおすすめのタイミングは3つあります。

食事をする30分前

1つ目におすすめするのが「食事をする30分前」です。

食前にロカボナッツを食べることで満腹中枢を刺激し、適度な満腹感を食事前に得られるため、食事の食べ過ぎを防ぐことができます。

間食でおやつのかわりに食べる

2つ目におすすめするのが「間食でおやつのかわりに食べる」という方法です。

ロカボナッツはお菓子などに比べて糖質などが低いので、急激な血糖値の上昇を抑えます。また、ナッツを食べるにあたり、噛む回数が増えるので、少量でも満足感を感じることができるでしょう。

朝食に置き換える

3つ目におすすめするのは「朝食に置き換える」です。

ロカボナッツは食物繊維・オメガ3脂肪酸・鉄・亜鉛・ビタミンEなどが含まれており、とても身体に良い食品だと言えます。それでいて低糖質なため、完全に1食置き換えてしまえば、より早くダイエット効果を実感できるでしょう。

ロカボナッツと普通のナッツの違い

『ロカボナッツ』が普通のミックスナッツと異なる点は独自のナッツの黄金比率にあります。

ロカボナッツではヨーロッパで行われた研究をもとに、クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツを、2:1:1の割合でミックスしています。

そうすることで、ミックスナッツよりも栄養バランスが良くなるのです。

ロカボナッツの効能

くるみにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、LDLコレステロールや中性脂肪を下げ、肝脂肪や動脈硬化、心筋梗塞などの予防効果が期待されます。

アーモンドにはビタミンEが多く含まれています。そのため、抗酸化作用により血管の老化を防ぎ、美肌・脳卒中・動脈硬化などの予防効果が期待されています。

ヘーゼルナッツには鉄分とカリウムが多く含まれています。そのため、むくみ・高血圧などの予防効果が期待されています。

このようにロカボナッツは身体にとても良いため、ダイエットをする・しないに関係なく健康のために取り入れることをおすすめします。

ロカボナッツの食べ過ぎはニキビや太る原因に

しかし、いくら身体に良いからといって、食べ過ぎは禁物です。

ナッツには不飽和脂肪酸という比較的太りにくい糖質を含んでいます。適量であればダイエットに効果的な食品として知られていますが、だからといって無限に食べても太らないというわけではありません。

例えばロカボナッツにも含まれているアーモンドは100gで598kcalものカロリーがあります。なので、食べ過ぎには注意したいところです。

また、ナッツを加工する際には油や塩分が使われていますので、たくさん食べてしまうとニキビができやすくなる場合もあります。なるべく加工されていないナッツを選ぶか、加工されていても食べ過ぎないようにすることをおすすめします。

まとめ

ロカボナッツは低糖質の考えをもとに、適正糖質を取るために作られたナッツです。

栄養素が豊富に含まれていて、ダイエットや生活習慣病への予防が期待できますが、食べすぎると逆に太ってしまったり、ニキビの原因にもなりかねませんので注意しましょう。

ロカボナッツ1袋(30g)をおやつや食事の前などに取り入れることをおすすめします。

>>ロカボナッツを楽天でチェック

ロカボナッツ
最新情報をチェックしよう!