ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

コストコのデーツには虫が入ってることがある?半分に割って確認したほうがいい

  • 2021年11月1日
  • 2022年9月16日
  • 健康食
  • 3359View

コストコで品切れになることも多いデーツですが、なんと中に虫が入っていることもあります。

これって、健康被害は大丈夫なのでしょうか?実際に虫がいた人達の口コミをまとめてみました。

コストコのデーツで虫(の卵)が入っていたことがある

コストコのデートには、虫が入っていることがあるようです。

虫が入っている時は、中がボソボソとしているようで、「今日はなんだか触感が違うな」と感じる人もいるんだとか。

「じゃあ、その虫って生きてるの!?」って言うと、虫は死んでいます。

多くの方は、「無視の死骸かな?」くらいに思って、虫を取り出して食べているそうです。

虫(の卵)が入っているのは安全な証拠

確かに、コストコのデーツは自然の食べ物なので、虫がいるということはそれだけ農薬も使われていないから安全な食べ物だと言えますね。

気になる虫がいたことで体調を崩した人がいるのかというと・・・調べたところ、1人も体調を崩した人はいませんでした。

ただ、「コストコのデーツを食べる時は、半分に割って虫を確認してから食べた方がいい」「虫がいた時は取り出して洗ってから食べた方がいい」ということは、デーツを購入する人達の中で浸透しつつあるようです。

デーツの中の白っぽい粉や塊はカビではない

プラスチックに入ったコストコのデーツを見ると、白っぽい粉が浮いている時がありますよね。

これは、干し柿についている糖分と同じでデーツの元となるナツメヤシの糖分が結晶化したものです。そのため、デーツと一緒に白っぽい粉を食べても全く問題はありません。

どうしても心配な場合は、デーツを取り出した時に匂いを嗅いでみてください。ドライフルーツの甘い香りがした場合は、糖分だと思ってくださいね。

コストコのデーツの値段や賞味期限は?腐る心配は少ない

コストコのデーツは、1パック1,298円です。1粒30円くらいで購入できるので、やはりお得ですね!

賞味期限もドライフルーツなので長く、約半年間あります。

乾燥させてあるから腐敗もしにくく、栄養価も高いなんて、コストコで人気が出るのも頷けますね。

保存方法は、小分けにしてジップロックで冷蔵保存

コストコのデーツを最後まで美味しく食べたい時の保存方法は、小分けにしてジップロックで冷蔵保存することです。

出来るだけ空気に触れずに保存することで、美味しいデーツを食べ続けることが出来ますよ。

「ドライフルーツだから常温保存でいいのでは?」と思う人もいますが・・・

特に夏の高温多湿な時期に常温保存してしまうと、いくら賞味期限内であっても腐敗する可能性があるのでオススメは冷蔵保存です。

デーツのおすすめの食べ方

デーツはそのまま食べても美味しいのですが、人によっては「甘すぎる」と感じることもあるようです。

そこでオススメしたいデーツの食べ方を3つご紹介いたします。

1.ヨーグルトやアイスのトッピング
デーツには甘みが凝縮されているので、バニラアイスやチョコアイスの上に細かく刻んでトッピングすると美味しいです。
触感を楽しむこともできるのでオススメですよ。

2.お菓子に混ぜる
クッキーやお菓子の中に混ぜると、自然な甘みをもったお菓子に変わります。

また、デーツは焼くことで甘みや香りが更に引き立つので、風味豊かなお菓子にもなります。
子供に健康的なお菓子を食べさせたい時に、少し入れてみるといいですね!

3.クリームチーズとデーツのカナッペ
デーツやクリームチーズとよく合います!

カナッペにしてクリームチーズとデーツを上に乗せれば、ワインのおつまみになること間違いなし!
ちょっとオシャレに食べたい方は試してみてください。

まとめ

コストコのデーツには、虫が入っていることがありますが体調を崩したという報告は今の所ありません。
それだけ体に優しく作られているということですね。

デーツを食べる時には、半分に割って中を綺麗に洗ってから食べると不安感なく食べられるでしょう。

【関連記事】

コストコのさくらどりは飼料に抗生物質を使ってるけど安全性は大丈夫なの!?

コストコのアガベシロップの危険性!太る・体に悪いのではちみつがおすすめ!

コストコのカークランド ピスタチオに虫がわくことがある!?

業務スーパーのオートミールに虫がわくってホント!?原因と対処方法は?

業務スーパーのオートミール(カナダ産)の危険性!無農薬の記載ナシだけど残留農薬は問題なし

デーツ
最新情報をチェックしよう!