ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

日本料理はまずい!?海外でひどい反応が来る食べ物8つ

  • 2022年4月15日
  • 料理
  • 220View

日本の料理は優しいというか、シンプルというか・・・
だからこそ、海外の人には受け入れられない時もあると思います。

納豆とか代表的ですね・・・

本記事では、どんな料理が海外の人達の反応が悪いのか調査してみました。

海外でまずいと言われる日本料理

・こんにゃく
アメリカやヨーロッパの人に受け入れられない傾向があります。
まるで石のようなこんにゃくは見た目が良くないからそもそも食べる気にならないのだとか。

・たこ焼き
たこ焼きのタコのグニャリとした感触が好きではないようです。
「これはガムかと思ったらタコだった・・・」という方がよくいます。

・豆腐
全く味がないからどこにうま味があるか教えてほしいと外国人の方は思うようです。
豆腐の上に甘味を足してみた方がいいという意見も!

・きんぴらごぼう
噛み応えがスゴイのと、見栄えがよくないことがマイナスポイントのようです。

・納豆
外国人の嫌いなものあるあるで絶対に出てきますよね。
「なんで発酵させてるの!?」「クサイ!」「見た目最悪」など、いい印象を全くもてない人は多いものです。

・生卵
生の卵を食べる習慣がない国では受け入れられないのが生卵。
卵かけご飯は日本では当たり前ですが、とんでもないみたいですね。

・ワサビ
お寿司の中に入っているワサビは最初からどかしてしまうという外国人が多いです。

・漬物
酸っぱい味が嫌だという方が多いのが漬物。
ただ、ワイン好きの外国人だと「ワインのお供になる」と考える人もいます。

どれもこれも、日本人が好きな料理ばかりなので、外国人が受け入れられないというのは少し悲しい気分になるのは私だけでしょうか?

外国人は日本料理のココが好き!

「こんなに日本の食べ物が好まないのに、一体日本食の何が好きなの?」と首をかしげる人もいるのではないでしょうか?

そうなんです、そもそも外国人の人は日本食を「味が薄め」と感じている方がよくいます。

つまり、味が最高に美味しいから日本食が好きなわけではないのですね。

では、何が好きなのか?

結論から言うと、外国人は日本食の華やかな盛り付けが好きだという人が多いことが分かりました。

一番良い例が「おせち」です。
外国人はおせち料理を素晴らしいと褒める人は多いのですが、いざ食べるなると箸がすすまない。

その理由こそ、彩が素晴らしいだけであって味ではないということなのですよね。

もちろん、日本の味付けが好きで日本食を好んで食べる外国人もちゃんといるのも事実ですが。

まとめ

日本料理がまずいと感じる外国人は、一体何が好きではないのか調査してみた結果をまとめてみました。

・こんにゃく
・たこ焼き
・豆腐
・きんぴらごぼう
・納豆
・生卵
・ワサビ
・漬物

外国人は、日本食の味が好きなのではなく彩が好きだという方が多いです。

ですので、外国人の方に日本食を食べてもらう時には、この8つを避けた食べ物を披露するといいですね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!