ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

リンゴジュースの飲み過ぎは太る原因になるので注意!ダイエットにも3つの効果あり

  • 2021年10月17日
  • 2021年10月17日
  • 健康食
  • 1View
  • 0件

リンゴジュースでダイエット出来たら最高だと思いませんか?

実は、リンゴジュースは正しい方法で飲めばダイエットに効果的で健康維持にも役立つ飲み物なのです。

本記事では、リンゴジュースが与える体の影響についてご紹介します。ぜひ、最後まで読んでみてください。

リンゴジュースの飲み過ぎは太る

まず、いくらダイエットに効果的と言っても、どんな食べ物でも食べ過ぎは太る原因となります。

リンゴジュースも同じで、リンゴジュースには沢山の糖分が含まれているため、飲み過ぎは太ってしまいます。

そのため、リンゴジュースを飲む時には大量に飲まずに出来るだけ100%ジュースを選ぶようにしてください。

ダイエットに効果的な3つの理由

リンゴジュースは飲み過ぎなかったらどうしてダイエットに効果的なのでしょうか?
その理由を3つご紹介いたします。

・整腸作用が高い

リンゴに含まれているペクチンという成分は、胃腸の働きを正常に保つ働きがあります。

ペクチンは胃腸に適度な刺激を与えてくれるので便秘傾向の方の整腸作用に効果的ですし、下痢気味の方には腸壁にゼリー状の膜を貼ってくれるので解毒作用が期待できます。

・空腹感を感じにくい

リンゴジュースには糖分が含まれているので飲むだけで空腹感を感じにくくなるという嬉しい効果も。

スナック菓子を食べているよりも、よっぽど健康的に空腹を満たすことが出来るはずです。

・むくみを解消してくれる

リンゴジュースの中に含まれるカリウムと定期的に摂取していると、体内の塩分を尿や汗と一緒に排出してくれる効果が期待できます。
そのため、余分な塩分を体内にため込むことを予防してむくみを解消してくれます。

ダイエットだけじゃない!健康にも効果的な理由

リンゴジュースで便秘解消やむくみ解消が出来るのも嬉しいですが・・・

なんとリンゴジュースは健康にもアプローチしてくれる優れた飲み物だったのです!

・コレステロールを下げる

先ほどご紹介したペクチン。ペクチンには、コレステロールを吸収して体外へと排出させる効果が期待できます。

そのため、悪玉菌を排除しやすくなり生活習慣病予防に役立ちます。

・血液がさらさら

さらに!りんごに含まれる水溶性食物繊維は善玉菌の増殖を助けて悪玉菌抑制する働きがあります。
すると、腸内環境が整って毒素も排出され、血液がさらさらに!

・老化を防止

りんごは老化防止に役立つ成分としてポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールには抗酸化作用があるため、美容効果が期待できることで有名ですが、なんと痴呆性老化予防にも効果的なんですよ。

そのため、お肌をいつまでもキレイに保ちたい人やボケ防止のために食べ物にも気を付けていきたいという方にオススメの飲み物なのです。

・がんを予防

りんごはとても栄養価が高いだけではなく、抗酸化作用や抗炎症作用、抗腫瘍作用が期待できます。
だから、がん予防にもなると言われています。

特に、乳がん・肺がん・結腸直腸がんのリスクを下げやすいことが研究結果からも証明されているので、日常的に取り入れることが推奨されています。

太らないためのリンゴジュースの飲み方

どうせダイエット目的でリンゴジュースを飲むのなら、効果的な飲み方をしたいもの。
太らないためのリンゴジュースの飲み方は2つです。

・温めてから飲む

適度に温めて飲むことで、体の代謝を上げることができます。

人間は代謝が上がると脂肪を燃焼させやすくなるのでダイエットにより効果的な飲み物となります。

・リンゴジュースは朝飲む

リンゴジュースを朝飲むことはメリットが沢山あります!

リンゴジュースを朝飲むと、基礎代謝をアップさせやすく腸内環境を整えてくれます。
さらに、寝ている間に不足するブドウ糖を補うことが出来るので1日の頭の回転をスムーズにさせることも。

また、栄養が豊富に含まれているので1日の食事バランスも整いやすくなりますよ。

まとめ

リンゴジュースは飲み過ぎると太りやすくなりますが、適度に飲めばダイエットにも健康にもアプローチしてくれる効果的な飲み物です。

リンゴジュースには、整腸作用やむくみ改善効果、満腹感を得やすいなどの効果が期待できるので、「ダイエット中でも甘いジュースが飲みたい!!」と思っている方は日常的に適度に飲んでみることをお勧めします。

美味しくダイエットして、美容も健康も手に入れちゃいましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!