ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ママの休食は添加物を使っているのか?着色料や保存料は一切なし

ひよこクラブなどの有名雑誌に掲載され、話題となっている「ママの休食」。
気になっているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、ママの休食の口コミや評判を紹介した上で、どのような人におすすめなサービスなのかを検証します。

ママの休食は添加物を使ってるの?

ママの休食は安さより質を重視していて、着色料や保存料は一切使われていません。

無添加調理のお弁当ですので、妊娠中や授乳中のママでも安心して口にすることができます。

ママの休食のメリット・デメリット!

ママの休食のメリットは、なんといっても管理栄養士・産婦人科医監修のもと、ママに必要な栄養バランスが計算されている点にあります。

妊娠中や授乳中の方に特に摂取して欲しい葉酸と鉄分がたっぷりの食材を使い、食事で十分な栄養が補給できます。
また、メニューに生ものや水銀量の多い魚は使用しない、1食あたりの塩分量を2.5g未満に抑えるといった配慮も嬉しいポイントです。

デメリットとしては、値段は安くはありません。
「4食定期便コース」では初回限定で25%オフの3,920円で購入することができますが、2回目以降は4,703円+送料になりますので、なかなか経済的に続けられないという方がいらっしゃるかもしれません。

おすすめできる人&できない人!

おすすめできる人は、妊娠中や産後で家事が疎かになり、自宅でお金は多少かかっても良いので、簡単で栄養豊富な食事がしたい!という方にはおすすめです。

1食あたりはおかず6品+ごはんのセットですので、ボリューム感はありますし、温めるだけで栄養満点なご飯が食べられるのは嬉しいですよね。

一方で、ママの休食は送料を入れると1食あたりの値段が1000円をゆうに超えます。ですので、とにかく食費を抑えたいと考えている方には向かないでしょう。

また、食事の塩分量を抑えて作られたお弁当ですので、とにかくガッツリ食べたい!という方であれば物足りなさを感じるかもしれませんので、おすすめできません。

使った人の口コミや評判はどう?

Twitterの口コミには、「パッケージも可愛いし、野菜たっぷりなの素晴らしすぎる!ボリューム満点で満足しました」との声があり、評判は上々です。

赤ちゃんのお世話で忙しいママが何品もの料理を作るのは難しいと思いますので、たまには「ママの休食」を使って楽をしてみてはいかがでしょうか?

利用方法や料金、定期購入の仕組みや解約方法は?

「ママの休食」では「ママになる前に」プランと「育児ママの忙しい毎日に」プランの2種類があり、それぞれ異なる栄養素が含まれています。

どちらも値段は同額で、「4食定期便コース」が初回のみ定価の25%オフの3,920円(税込)+送料別で試すことができます。

さらに、2回目以後も定価の10%オフの4,703円(税込)+送料別で続けることができますよ。

回数の縛りや制限はありませんので、いつでも停止や解約もOKです。
解約もマイページから簡単に手続きすることができます。

ママの休食の会社概要

ママの休食のサービスを展開する株式会社Seven Accountingは、東京都渋谷区に本社があり、代表取締役・服部峻介さんが平成23年7月に設立した会社です。

ママの休食は2020年9月28日にリニューアルされ、以前よりもよりたくさんのママの声をもとに製品開発を行い、よりおいしく、利用しやすい商品になりました。

会員様向けアンケートの結果を参考にレシピを一新し、内容量も家族みんなが満足できるボリュームに生まれ変わりました。

まとめ

ママの休食はレンジで温めるだけで、栄養満点のおかず6品+ごはんが食べられる手軽さから妊娠中や産後のママさんに人気のあるお弁当です。

ただし、添加物を一切使わず品質の良い食材のみを使って調理をしているため、1食あたり1000円を超える値段となってしまうのがデメリットとして挙げられます。

値段は気にせず身体に良いものをラクして摂りたい!という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

⇒ママの休食を試してみる

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!