ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

料理が苦手な人、なぜ料理の段取りが悪い?

  • 2022年4月14日
  • 料理
  • 6View

おいしい料理を仕上げるには、あらかじめ段取りを考えておくことが重要です。
次に何をするべきか、常に頭に入った状態で料理を進めていきましょう。

料理が苦手な人は段取りが悪い

おいしい料理を作るために、段取りはとても大切。段取りができない人に料理の上達は難しいです。

段取りが頭に入っていない状態で料理をすれば、高確率で失敗することでしょう。

食材や調味料を揃えることから始まり、食材の下ごしらえ、どの順番に何をどう使うか、味付けのタイミング、火加減の調整と、全てを頭の中で考えておく必要があります。

盛り付けのイメージや、食べる時間から逆算して作り始めることも大切ですね。

料理が苦手な人は、これらが頭の中で整理されていない状態で料理に取り掛かり、土壇場であわてることが多いのではないでしょうか。

火にかけてからレシピ本で火加減を確認していては遅いですし、味付けをする段階になって急いで調味料を用意していては間違う可能性も高いです。
レシピはあらかじめ読んで、ある程度頭に入れておくこと。必要な材料、調味料はきっちり揃えておきましょう。

次に何をするかがわかった状態で料理を進めることを心がけてみてくださいね。

料理が苦手な人の特徴

料理の苦手な人の特徴は、まず上記で述べた「段取りが悪い人」です。

決められた通りに動けない人

次に考えられるのが「決められた通りに動けない人」ではないでしょうか。

料理が苦手であるのなら、まずはレシピ通りに料理をするべきです。

調味料の分量をきっちり計ることはもちろん、決められた順番に作業を行うことができなければ、美味しい料理に仕上げることは難しいです。

アレンジは基本ありきで成立するので、料理が苦手と感じる人ほど「レシピ通りに作る」ということを優先してみてくださいね。

不器用な人

そしてやはり「不器用な人」は料理が苦手な傾向にあります。

料理はスピード勝負です。同時に作業をこなさなければならない場面もあります。
それらをスムーズにこなせる器用さは必要となってくるでしょう。

また、美味しい料理を作るには、繊細な作業も必要となる場面もあります。
手先の器用さも重要になってきます。

しかし、不器用だからと諦めず、料理は練習あるのみです!

数をこなすことで段取りも組めるようになりますし、同時に作業することにも慣れます。
料理のコツが掴めるよう、何度も挑戦してみましょう。

まとめ

おいしい料理を作るために、段取りはとても大切。段取りができない人に料理の上達は難しいです。

料理が苦手な人は、頭の中が整理されていない状態で料理に取り掛かり、土壇場であわてることが多いのではないでしょうか。

次に何をするかがわかった状態で料理を進めることを心がけてみてくださいね。

料理の苦手を克服するには何より数をこなすこと!苦手だからと諦めず、挑戦し続けてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!