ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

料理が嫌いな人の特徴と対策を徹底解説!

  • 2022年4月24日
  • 料理
  • 51View

料理をした方が良いのはわかっているけれど、作るのが億劫に感じている人は多いと思います。

そこで今回の記事では、料理が嫌いな人の特徴と対策を紹介します。

料理が嫌いな人の特徴

料理が「嫌い」な人は、レシピ通りに作ればそれなりの味のものが出来るため、料理が「苦手」というのとは、ちょっと特徴が違ってきます。

・献立を考えるのが苦手

まず献立を考えるのが苦手という傾向があります。

ご自身に食に対するこだわりが無い場合、食べたいものが決められないため、毎日夕方になると献立決めにウンザリしてしまうという人が少なくないのです。

・他にやりたいことがあって忙しい

次に他にやりたいことがあって忙しい傾向があります。

料理は焼いたり揚げたりしている時間はじっとそばで見ている必要がありますが、その空白の時間でネットサーフィンなど他に気を取られていると料理を焦がしてしまうという結果になるでしょう。

失敗すると、ますます嫌いになるという悪循環です。

・スーパーなど買い物に行くのが苦痛

3つ目にスーパーなどに買い物に行くのが苦痛だと感じている傾向があります。
料理をするためには買い出しのために仕事帰りにスーパーへ立ち寄る必要がありますが、「早く帰りたいのに」とイライラしてしまうのです。

・料理をするべきだと考えている

最後に、料理をするべきものだと考えている傾向があります。
本当はやりたくなくても旦那さんやお子さんのために仕方なく料理をしていると、どんどん嫌いになってしまうのです。

料理が嫌いな人の対策

料理が嫌いな人も以下の点を気をつければ、無理なく料理を続けることができるでしょう。

・一緒に料理する

まずは、家族や友人と一緒に料理することをおすすめします。
そうすれば楽しく料理を作ることができるでしょう。

・健康のことを考える

次に、愛する家族や恋人の健康のためだと思って料理することをおすすめします。
外食が続くとどうしても栄養が偏ったり、カロリーが高くて太ってしまったりということが起こりますので、それを防ぐためにも料理はした方が良いでしょう。

・手抜きをする

3つ目に上手に手を抜く方法を覚えることをおすすめします。
料理を1から完璧に作ろうとすると疲れてしまい、ますます料理嫌いになってしまいます。
ですので、まずは下処理の済んだ肉や魚を使ったり、入れるだけで味が決まる万能調味料を適宜利用すると良いでしょう。

・宅食サービスを利用する

最後にたまには宅食サービスを利用してみることをおすすめします。
宅食サービスなら買い物要らずでいつでも自宅で栄養バランスの整ったおかずが食べられますので、冷凍庫にストックしておくと良いでしょう。

「NOSH ナッシュ」 は全メニューが糖質30g・塩分2.5g以下に設定されていますのでとても健康的ですし、最安値は1食あたり499円(税込)とお安いため、手軽に始められますよ。

まとめ

料理が嫌いな人の特徴としては、めんどくさがり屋でスーパーへの買い出しが億劫だと感じていたり、自分はさほど食に対して興味がないのにも関わらず、家族のために仕方なく料理をしているということがあげられます。

その対策としては、完璧にやろうと思いすぎず、適度に手を抜くことをおすすめします。
たまには「NOSH ナッシュ」などの宅食サービスを利用してみると良いですね。

⇒ナッシュを試してみる

料理
最新情報をチェックしよう!