SKINSが破れたときの対処法!ユザワヤの補修シートが便利すぎ!

  • 2021年3月10日
  • 2021年3月11日
  • グッズ
  • 79View
  • 0件

SKINSなどのランニングタイツは意外と破れやすく、今までに何度も穴があいてしまいました。

メーカーに頼めば有償で修理してくれることもありますが、破れ具合によっては断られることも。
(実際にぼくは断られてしまいました。)

新しいランニングタイツを買うのはもったいないから、SKINSを修理してもう一度使いたい!

そんなときに、使ってみてすごく感動したのが

ユザワヤの補修シートになります。
ユザワヤ補修シート
引用元:ユザワヤ

ユザワヤに置いてある
機能性タイツ用の補修シート(アイロン式)が便利すぎで感動でした。

SKINSなどのランニングタイツは破れやすい

SKINSなどのランニングタイツは、タイツ自体がすぐにダメになってしまう素材でできています。

ランニングタイツは特殊繊維を使っているためすごくデリケートなんです。

履くとき、脱ぐとき、使ってるとき、洗濯時など取り扱いには充分に注意しなくてはいけません。

でも、SKINSなどのランニングタイツって着圧になってるので履いたり脱いだりするのがすごく大変なんですよね。

ものすごくデリケートで傷つきやすいのに着脱が大変なので、そのときに破れたなんて人もいるのでは?

着脱時は気を付けても、履いてるときに転んだり何かに引っ掛けたりしてもすぐに穴が開いてしまいます。

とにかくSKINSなどのランニングタイツは破れやすいので、修理とセットに考えなくてはいけません。

以前はSKINSのメーカーで有償修理ができた

SKINS製品は、日本国内のSKINS専門修理サービスを行っている「アイスキンズ」に修理を依頼することができました。

ステッチのほつれはもちろん、穴や破れについても5cm以内であれば修理することが可能です。

しかし、現在は生産終了(2021年3月時点)に伴いこちらの修理も行っていません。

SKINSが破れたときはユザワヤの補修シートで

穴が空いたままだと、機能性に不安があるし、見た目にもかっこ悪い。しかも最初は小さな穴でも使ったり洗濯してるうちにどんどん穴が大きくなっていっちゃいます。

SKINSはメーカーサポートが終了してるので、自分で補修したりして何とかするしかないのですが

ユザワヤに置いてある
機能性タイツ用の補修シート(アイロン式)

がめっちゃ便利でした。

ユザワヤ補修シート
引用元:ユザワヤ

アイロン式なのでその場ですぐに補修はできないのですが、家でアイロンを使って直せば、見事に復活します。

しかも、値段も330円なのが嬉しいところです。

ユザワヤの店舗に行かなくても通販で買える

ユザワヤの補修シートが通販で購入できるのを知らずに、わざわざ店舗まで実際に足を運んで購入したのですが、家にいながらネット通販で購入できるんですね。

⇒ユザワヤの通販サイトはこちら

これなら忙しくてなかなかお店に足を運べない人にも嬉しいですね。

補修シートの使い方は簡単

ユザワヤの補修シートの使い方はほんとに簡単です。

補修シートを補修箇所より少し大きめにカットして、SKINSなどのスポーツタイツの裏側からあて布をしてアイロン接着をすれば完成です。

ユザワヤの補修シートならSKINSに限らず、機能性タイツ全般に使えるのでCWXでもc3fitでもバイオギアでもOKです。

気になる方は、ユザワヤの機能性タイツ用の補修シート(アイロン式)をぜひお試しあれ~

⇒ユザワヤの補修シートはこちら

最新情報をチェックしよう!