ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

糖質カット炊飯器はまずい?美味しい食べ方も紹介!

  • 2021年10月5日
  • 2021年10月5日
  • 健康食
  • 17View
  • 0件

いつものご飯を低糖質にすることができるとあって、ダイエット中の方や健康が気になる方を中心に支持を集める「糖質カット炊飯器」。

ただ、「糖質がカットされている白米ってまずいんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事では、糖質カット炊飯器の口コミや美味しい食べ方を紹介します。

糖質カット炊飯器って?

糖質カット炊飯器を使うと、白米に含まれている糖質を33%もカットしてくれます。

それと同時にカロリーも減らすことができるため、ダイエットをしている方にはおすすめな商品だと言えます。

どのような仕組みで糖質がカットできるのかというと、糖質カット炊飯器の場合にはお米を煮て、水分を捨て、再度水を入れて炊くという流れでお米を炊きます。

途中で1度水分を捨てることで、水に溶け出した糖質をカットすることができるのです。

もちろん水分を捨てるといった作業も全て炊飯器が自動でやってくれますので、楽ちんですよ。

「まずい」という口コミ

期待して買ったのですが、炊き上がりがベチャべチャしておいしくありません。
使い方のせいかも知れませんが、硬さ調整しても良くなりません。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/303413_10015561/1.1/ev5/

→お米2合に対してお水1.5合分にしたら、良くなったという声もありましたので、炊くときは水を少なめにすることをおすすめします。

皆さんの通り大きい、ちょっと台所になじみません。
さらに、炊き上がりコントロールが難しい。もう少し試行錯誤してみます。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/303413_10015561/1.1/ev5/

→炊くときの加減が難しいという声にプラスして、「デカイ」「洗い物が増えた」といったマイナスな口コミも目立ちました。

「おいしい」という口コミ

ダイエット中で、糖質を気にせずご飯が食べれるようになり助かっています。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/303413_10015561/1.1/ev5/

→ダイエット中でも罪悪感を感じずにカレーやチャーハンなどの米料理が楽しめるのが嬉しいですよね。

普通に炊くと少し軟らかめになるので、水加減を少し減らすと私的にはちょうどよかったです。味も普通に炊くご飯と変わりなく美味しかったです。

引用元:https://review.rakuten.co.jp/item/1/303413_10015561/1.1/ev5/

→慣れるまでには何回か試行錯誤が必要かもしれませんが、お水の加減がうまくいくと美味しいご飯が炊けるのかもしれません。

糖質カット炊飯器を使うメリットは?

ダイエットのためには白米の摂取量を抑え、野菜中心の食生活にするのが1番です。

しかし、日本人は白米が大好きだという方が多いので、白米を食べない生活というのはストレスが大きいでしょう。

そこで糖質カット炊飯器を使うことによって、糖質を33%カットし、カロリーも3割減らすことができるため、白米を毎日罪悪感なく食べることができます。

さらに、ダイエット中のときに取り入れたい蒸し料理の機能も搭載されていますので、約10分で簡単に蒸し野菜を作ることが可能です。

あと一品追加したいときにはとても便利な機能ですね。

どんな料理におすすめ?

糖質カット炊飯器でご飯を炊いた場合、もっちり感は弱めであっさりとしたご飯が炊けます。

なので、味が濃い目のおかずによく合います。

カレーやチャーハンなどの料理がおすすめですよ。

まとめ

糖質カット炊飯器は、いつものご飯の糖質を33%もカットしてくれるため、ダイエット中の方におすすめな商品です。

しかし、糖質をカットするとお米本来の甘みやモチモチ感が半減してしまうため、まずいと感じている方も一定数存在しました。

ただ、さっぱりしたお米はカレーやチャーハンなどのパラパラご飯が必要な料理によく合うので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!