ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ツナ缶は食べ過ぎると太るけど、ダイエットに向いている理由

  • 2021年11月17日
  • 2021年11月17日
  • 健康食
  • 3View
  • 0件

サンドイッチに煮物に大活躍するツナ缶は、何となく太りそうな気がする方も多いのではないでしょうか?

特に、オイル漬けにされたツナ缶は中身をみるとギラギラしていて「絶対に脂肪になりそう」なんて思いますよね。

でも、実はツナ缶はダイエット向きの、むしろ栄養価の高い食べものです。本記事では、ツナ缶がどうしてダイエット向きの食材なのかを詳しくご紹介いたします。

ツナ缶は太る?ダイエット向き?

まず、大前提の話ですがツナ缶だって他の食材と同じように毎日大量に食べれば太ります。

特に、ツナ缶にマヨネーズを沢山かけて大量に食べれば、マヨネーズの油分も太る原因となり更に太りやすくなります。

しかし、ツナ缶は普通に食べる量を守れば全く問題なく食べられるダイエット向きの食材です。
そもそもツナ缶ってお肉ではなく「魚」ですからね!

ツナ缶がダイエットに向いている理由

ツナ缶がダイエットに向いている理由は、食べ方を一工夫することで人間の体に必要な栄養素をしっかりと補うことが出来るからです。
早速、ツナ缶で期待できる効果についてみていきましょう!

・タンパク質が豊富

タンパク質は、私達の髪や爪、臓器などほとんどの所で必要となる栄養素です。

そのため、タンパク質は私達が生きていく上でなくてはならない存在です。
そんなタンパク質がツナ缶には豊富に含まれています。

タンパク質の嬉しい所は、脂質や糖質に比べて脂肪になりにくい所。

しかも、集中力アップにもつながるので毎日の「やる気」のためにもしっかりと摂取したい栄養素です。

・脂肪燃焼効果

また、ビタミンB群の一種であるナイアシンと呼ばれる栄養素には、脂肪燃焼を手助けする役割があります。
ナイアシンは、糖質と脂質をエネルギーに変換するのでダイエット中は積極的に摂取したいですよね。

・冷え性の改善

ツナ缶は魚の肉だからこそ、EPAと呼ばれる血液サラサラ成分が含まれています。

実は、EPAは人間の体内では自力で生成できないから、外から摂取する必要がある栄養素。

EPAを摂取することで血流がスムーズになり、内臓脂肪が溜まりやすい冷えを解消することにも繋がります。

おすすめの食べ方は?

ツナ缶には、ダイエットとしても健康維持としても嬉しい効果が沢山あることが分かりました!

では、そんなツナ缶はどのように取り入れていけば、よりダイエットとして効果的に摂取できるのか?

4つにまとめてみましたよ。

・朝食に食べる

ツナ缶のような魚に含まれる油は、体内時計を整える働きがあります。
そのため、朝食時にオイル漬けのツナ缶を食べれば1日のリズムが整いやすくなります。

・水煮よりオイル浸けタイプを選ぶ

ダイエット中は水煮の方が良い気もするかもしれませんが・・・

オイル漬けにされているツナ缶の方が、コレステロールを下げるリノール酸が含まれるのでおすすめです。

・栄養バランスが偏らないようにする

ツナ缶をメインに食べていると、ビタミンやミネラルが不足します。
そのため、ツナ缶以外にもフルーツや海藻類などを積極的に食べて体のバランスを整えましょう。

・食べ過ぎない

ツナ缶は、1日2缶までにしておきましょう。
いくら体に良さそうなツナ缶でも沢山食べればカロリーオーバーとなり太りやすくなってしまいます。

ツナ缶は煮物にしても出汁が沢山出て美味しいし、サンドイッチにしても旨味がますので、ついつい沢山摂取してしまいがちですが、2缶を目安に食べ続けることが大切です。

糖や脂肪の吸収を抑えるサプリも試してみて

食事を気にしながら、よりダイエット効果をしっかり実感したい時には機能性表示食品に指定されているダイエットサプリも試してみてください。

機能性表示食品に指定されているものを選ぶと、実験から効果が実証さているのでダイエット効果も実感しやすくなりますよ。

では、機能性表示食品のダイエットサプリはどんなものがあるのか?

今は色々な種類が出ていますが、糖脂リミットは薬剤師も推奨しているのでおすすめです。

食事のお供として飲み続ければ、糖分や脂肪分の吸収を穏やかにしてくれるのでダイエットもよりはかどりますよ!

気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

↓↓↓
>>糖脂リミットを試してみる

まとめ

どんな料理にも合いやすいツナ缶は、ダイエット向きの食材と言えます。ツナ缶には、タンパク質が豊富に含まれている他、栄養素がちゃんと含まれているので積極的に取り入れたいものですね。

また、ツナ缶の油を気にする方もいますが、ツナ缶の油はリノール酸と呼ばれる体に必要な油分で、コレステロールを下げる働きがあります。

そのため、ツナ缶を選ぶ時には水煮缶ではなくオイル缶を選ぶ方が、より健康的な体を作れるはずです。

ただし、食べすぎはカロリーオーバーになるので1日2缶までに留めておきましょう。

また、ダイエットサプリメントの糖脂リミットもダイエットの手助けとして活躍しやすいので、気になる方は使ってみることをおすすめします。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!