ヒートテックで体がだるい!?化学繊維よりもコットンがオススメ

  • 2021年2月28日
  • 2021年2月28日
  • グッズ
  • 75View
  • 0件

冬場は季節のせいか体がだるいことも多いですが、その原因はヒートテックにあるかもしれません。

実はヒートテックの化学繊維が原因で、あなたの体調が悪い可能性もあります。

冬場の体調不良、ヒートテックのせいでは?

寒い冬のインナーはヒートテックという人、結構多いのではないでしょうか?

私も毎日ローテーションで着られるように、ヒートテックを何枚も持っていました。

もはや日本中で「冬といえばヒートテック」が常識のようになっている気がします。

しかし、ここで普通にやっぱりコットン100%素材のインナーを着ると、とっても着心地がいいのです。

コットンというのは微細な繊維でできていて、吸湿性が高いのが特徴です。

その為、コットンの内側に湿気が溜まると、水分を外側に発散しようとする性質があります。

つまり、汗をかくと自然にその水分を外に出そうとしてくれます。

また、通気性も良いので、汗をかいても爽やかに過ごしやすいです。

そして、天然素材で肌触りが良いのも特徴で、肌にやさしい素材としても知られています。

まさにインナーにピッタリの素材ですね。

久々にコットンのインナーを着て過ごしてみると、身体の調子も良いですし、気持ち的にも、とにかく快適ということに気づくはずです。

ヒートテックに慣れてきているからこそ、コットンの気持ち良さがわかるようになったのかもしれません。

無印を始め、コットン製のインナーを販売しているブランドは多く、あなたにぴったりのものを選ぶことができるでしょう。

私は今年もコットン100%インナーを愛用して、体と心の状態をあげて冬を乗り越えたいと思います!

化学繊維のオンパレードで静電気の原因に

実は、冬の体調不良にはヒートテックが関係している可能性があります。

というのも、ヒートテックには化学繊維が使われていて、静電気を起こす原因になってしまうのです。

ヒートテックがどういった素材でできているのか調べてみると、素材構成はポリエステル38%、アクリル32%、レーヨン21%、ポリウレタン9%となっています。

天然素材である綿はまったく使われていないのですね…ポリエステル、アクリル、レーヨン、ポリウレタンというのは、どれも静電気を起こしやすい素材です。

ただでさえ乾燥して静電気が起きやすい冬に、静電気を起こしやすい素材を集めれば、当然静電気が起きてしまいますよね。

ヒートテックのインナーを着るということは、静電気を起こす塊が常に肌に触れているということ。

着ている人まで静電気まみれになってしまいそうです。

そんな状態が続くと身体に様々な不調がでる可能性があります。

例えば、疲れやすくなったり、胃腸の調子が悪くなったり、女性に多い貧血になりやすくなったりするという悪影響があります。

また、困ったことにストレスが溜まりやすくなり、肩こりやだるさ、体調不良や血行不良も起きやすくもなります。

さらには、自律神経が乱れたり、ダニやホコリを寄せ付けやすいので、アレルギーが起きてしまったりする場合もあるそうです。

どれも身体に悪い影響ばかりで、できれば避けたいですよね。

もちろん、冬にこういった症状が出たからといって、全てがインナーのせいとは限りません。

ただ、冬は防寒対策として1日中インナーを着用する季節なので、常に身につけている分、知らず知らずのうちにかなり影響を受けていても不思議ではありませんね。

今年は一度ヒートテックを手放して、コットン100%のインナーを使ってみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!