オオバコ(サイリウム)がまずいので、わらび餅レシピを作ってみました

  • 2021年4月19日
  • 2021年4月21日
  • グッズ
  • 364View
  • 0件

オオバコ(サイリウム)は、食物繊維が豊富なことから、腸内環境の正常化や便秘の改善に効果を発揮しダイエットのサポートとして話題になっているスーパー食材です。

そんなオオバコ(サイリウム)ですが、ふつうに食べると激しくまずいのでわらび餅レシピを作ってみました。

オオバコがまずい、気持ち悪い人はわらび餅に

オオバコはけっこうクセが強いので、飲み物に溶かしてみると非常にまずいです。

ドロッとした固形物に近い飲み物になってしまうので、気持ち悪いしまずいし飲めたものじゃありません。

水や飲み物に溶かすとまずいオオバコですが、わらび餅レシピにすることで美味しくいただくことができます。(わらび餅レシピにしても、人によってはまずいと感じることも。)

オオバコでわらび餅を作ってみたレシピ

今回使ったオオバコはこちら

※飲み物に入れて飲むと、マジでまずいです。

オオバコわらび餅の作り方

材料は2~3人分

オオバコの粉末:10g(大さじで軽く一杯)

水:300ml

きな粉:お好みで(個人的にはどっさりかけた方がよい)
黒蜜:お好みで(こちらも多めにかけた方がオススメ)

<作り方>

1、鍋に水とオオバコをいれてしっかり混ぜる
(一気にオオバコの粉末を入れると、すぐダマになってしまうので少量ずつ入れること)

2、焦がさないように混ぜながら2分ほど火にかけてとろみを出す

3、タッパーにラップをしいて、溶かしたオオバコを流しいれる
(ラップをしいておかないと、タッパーにくっついてしまうので注意)

4、冷蔵庫に入れてしっかりと冷やす

5、しっかり冷えて固まったら、冷蔵庫から取り出してサイコロ状にカットする。
(包丁を水で濡らしておくと切れやすいです)

6、きな粉と黒蜜をかけて出来上がり

(注意点)
オオバコを溶かすときに、すぐにダマになってしまいますが火にかけてるうちにちょっとずつ溶けてきます。溶けずに残ったままでも冷やして固まったらなくなってます。
気になる場合は、大きめのダマは取り除くようにしてます。

オオバコわらび餅のカロリーは?

オオバコわらび餅はカロリーほぼゼロ!にはならないですが、オオバコのわらび餅でカロリーが気になる場合は、きな粉や黒蜜ではなくラカントを使うのもオススメです。

市販のわらび餅はだいたい200~300kcalほどですが、オオバコを使うことで大幅にカロリーを抑えることができます。

オオバコはダイエットにも効果的

オオバコ(サイリウム)には食物繊維が非常に豊富に含まれます。オオバコダイエットは豊富な食物繊維を効率よく活用したダイエット法です。

オオバコがまずいと言っても最強食物繊維とも呼ばれるオオバコを諦めるのはもったいないですね。

オオバコにはたくさんのメリットがありますので、簡単に紹介しておきます。

食物繊維で満腹感を得られる

オオバコの中の食物繊維は胃では消化されずに腸までたどり着きます。食物繊維は水分を含んで膨れ上がり腸の中で腸壁を刺激します。腸を刺激することで満腹中枢が刺激され、満腹感を得られます。

たくさん食べなくても満腹感が得られるのでダイエットに食物繊維がいいとされています。

糖質の吸収を抑えてくれる

食物繊維の働きで糖質の吸収を抑えてくれるので、血糖値の急激な上昇も抑えることができます。

血糖値が上昇すると、糖質を脂肪に変えるインスリンの分泌が活発になります。ですが、オオバコをとることで血糖値の上昇が抑えられ、インスリンの分泌も抑えられるので、結果として太りにくい、ダイエットにも効果的ということが言えます。

腸内環境が改善し便秘改善

オオバコ(サイリウム)に含まれる食物繊維は善玉菌のエサになるので、腸内環境が改善していきます。また、腸の働きを活発にしてくれるのでお通じもよくなって便秘改善につながります。

>>オオバコ(サイリウム)を楽天でチェック

オオバコわらび餅
最新情報をチェックしよう!