ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

オートミールに虫がわくのが心配、原因と対処方法は?

  • 2021年5月10日
  • 2021年6月17日
  • 健康食
  • 7743View
  • 0件

業務スーパーやコストコで大量のオートミールを買って開封した状態で長い間放置していると、虫がわくことがあります。

オートミールはオーツ麦でできてるので、放置していると夏場は虫がわくこともあるんですね。

・開封したら密閉容器に保存する
・寒い季節以外は冷蔵庫に保管する

などの対策が必要です。

オートミールを保存できる密閉容器を探していましたが、カインズの保存容器は片手で開け閉めできて完全に密封されるのでオススメですよ。

\ 空気も虫もシャットアウト /
⇒虫がわかないオススメの密封容器はこちら

オートミールに虫がわく、虫混入の原因

オートミールって大容量だし穀物系だから賞味期限は長そうだけど、実際ってどれくらいもつのか?虫が混入する原因などについて見ていきます。

未開封でもダニや虫が混入することも

オートミールはオーツ麦なので、夏は虫がわくこともありますし、そもそもアメリカの製品は異物混入の基準が緩いので未開封でもダニや虫が混入することもあります。

ちなみに、アメリカの食品医薬品局が定めている混入昆虫の許容レベルは日本から見ると驚愕です。
例)
ピーナッツバターでは100g当たり昆虫断片50個までならOK・・

アメリカ当局は、「このレベルは殺虫剤を多用すれば下げられるが、”欠陥はあっても無害な自然物”を”有害な殺虫剤の混入”に置き換えることは賢明ではない」と言っている。

参考URL:https://www.jataff.or.jp/konchu/mushi/mushi22.htm

つまり、

農薬や殺虫剤の混入 ⇒ 人体に有害
昆虫などの自然物 ⇒ 人体に無害

なので、だったら無害な昆虫が混入してたほうがいいよね、という理屈です。

オートミールの賞味期限は1~2か月

オートミール
オートミール開封後の賞味期限は目安として1か月から2か月です。

オートミールは未開封の状態でしたら1年は大丈夫ですが、開封したらなるべく早く消費したいですね。

オートミールって大容量だし穀物系だから賞味期限は長そうですが、油断してると痛い目を見ることもあります。

オートミールに虫やダニが混入しない対処方法

業務スーパーやコストコなどのオートミールは1kg入りと大きいのが特徴ですが、なるべくジップロックなど密閉容器に保存するようにし、開封したら夏場は冷蔵庫に入れて保管するようにしましょう。

・開封したら密閉容器に保存する
・寒い季節以外は冷蔵庫に保管する

ジップロックやタッパー、空き瓶に保存する

ジップロック
オートミールを開けたら空気に触れないようにするためにジップロックやタッパー、空き瓶に保管するようにする。

また、虫がわくのをさけるためになるべく作り置きはしないようにしましょう。

オートミールは冷蔵庫に保存する

オートミールを開封したら冷蔵庫に保管するのがオススメです。

夏場は特に室内でも温度が高いので冷蔵庫に保管するようにしましょう。冷蔵庫がいっぱいのときは冷凍庫に保管するのもOKです。

オートミール保存容器のおすすめは?

カインズの保存容器

カインズの保存容器
カインズの保存容器

食品を新鮮かつ衛生的に保つ保存容器です。このカインズの保存容器があると素材が長持ちして、とても便利です。

片手でポンッの開けやすさに感動しました! 密閉性もバッチリな「カインズの保存容器

この商品は密閉性は完璧なんですが、容量が少なくてちょっと残念です。このシリーズでもうちょっと大容量のものがあればいいのに、と思ってしまいます。

ダイソーの保存容器

もうひとつ、個人的に使いやすくてオススメなのが、ダイソーで売ってる大容量の穀物保存容器(1.2L)です。
ダイソー穀物容器
大容量なのに冷蔵庫のドアポケットにすっぽいと収納できるのが嬉しいポイントです。瓶じゃないから重さも気になりません。ダイソーの容器は軽いし瓶と違って取り回しが非常に楽です。

それと、容器のふたの部分がメモリになっているので、計量カップとしても使えるのが嬉しいですね。

まとめ

今回はオートミールに虫がわく原因や対処方法について見てきました。

大量のオートミールを買って開封した状態で長い間放置していると、虫がわくことがあります。

オートミールを開封したら1~2か月で消費するようにし、無理な場合や暑い時期などは冷蔵庫で保管するようにしましょう。

また、オートミールを保管する容器は、カインズの保存容器かダイソーで売ってる大容量の穀物保存容器(1.2L)がオススメです。

⇒ダイソーの大容量の保存容器はこちら

オートミール
最新情報をチェックしよう!