ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

ピーナッツの太る部分?半分に割ったときに飛び出ている部分が太るのは迷信!

  • 2021年11月29日
  • 2021年11月29日
  • 健康食
  • 250View

ピーナッツの太る部分は迷信ですが、ピーナッツにはダイエットに嬉しい栄養素がたくさん含まれています。薄皮も食べるのがおすすめです!

ピーナッツの太る部分は取り除いた方がいい?

結論からお伝えします!

ピーナッツの太る部分というのは迷信なので取り除くことにあまり意味はありません。

そもそもピーナッツの太る部分とは?と思った方のために説明させてください。

ピーナッツは半分に割ることができますが、割った際片方にポチっとした部分があるのをご存じでしょうか。そのポッチ部分にカロリーが詰まっているという噂があるとのことでした。

しかしながら根拠はなく、ピーナッツの一部分だけにカロリーが集中するということは考えられにくいそうです。

ポッチの部分は油が多い?

ピーナッツに火をつけると、太る部分と噂されているポッチの部分だけ燃えたということから、油が多いのでは、と言われています。

ピーナッツのダイエット効果

ピーナッツがダイエットに良いと言われる理由は3つあります。

・満腹感を得られる

まず1つ目は、満腹感を得られるということです。

ピーナッツは脂質が多くカロリーが高い食べ物ではありますが、脂質が多い食べ物は満腹中枢を刺激します。そのため、少しの量でも満腹感を得ることができるのです。

間食に用いることで、次の食事で食べ過ぎるのを防げるのでおすすめですよ♪

・GI値が低い

そして2つ目が、GI値が低いという点です。

GI値とは血糖値の上昇を示す数値で、糖尿病などの病気に関わることはもちろん、GI値が急に上昇すると脂肪を蓄えやすくなるためダイエットにも重要な数値です。

ピーナッツはGI値が低いためそのような心配は少なく、体内にゆっくり吸収されるので腹持ちが良いとされています。

・脂質燃焼効果

最後に3つ目ですが、ピーナッツには脂質燃焼効果が期待される「アミノ酸」と、カロリー消費に繋がる「抗酸化物質」が含まれています。

脂質の多いとされるピーナッツにはアミノ酸の脂質燃焼効果はとても有難く、また、抗酸化物質はカロリー消費だけでなく、若々しい身体を保ってくれる効果もある心強い存在なのです。

ピーナッツの薄皮にも栄養がある

ピーナッツの薄皮には健康や美容に嬉しい栄養素がたくさん含まれているので、苦手でなければ食べることをおすすめします!

まず、ワインに含まれていることで有名な「ポリフェノール」。実はピーナッツの薄皮にも含まれています。血流促進やアンチエイジングが期待できるので、いつまでも若々しくいたい!と日々努力されている方にとって欠かせない栄養素です。

そしてもう一つ、「レスベラトロール」という栄養素が含まれているのですが、こちらもアンチエイジング効果が期待されており、皮膚を若々しく保ってくれるそうですよ♪

食べるタイミングは朝がおすすめ

ピーナッツは朝に食べましょう!なぜなら、朝食べた物は血糖値の上昇に大きく関わるからです。

その点ピーナッツは低GI値食品なので、血糖値の上昇がゆるやかです。

さらに満腹感もあり腹持ちもいいので、お昼ごはんまでにお腹が空いて困る…なんてことも防げます。

忙しい朝でもすぐに食べられて、気軽につまめるところもいいですよね。

ダイエットがうまくいかないときは自分に合った方法を試してみて

自分に合ったダイエット方法を知ることができれば、効率よく理想の自分に近づくことができます。

「遺伝子博士」は、自宅で簡単に遺伝子検査ができ、肥満の根本的な原因を教えてくれるダイエット遺伝子検査キットです。

検査結果は全部で33タイプ!自分がどのタイプか気になりませんか?

気になった方はぜひ、「遺伝子博士」をご検討ください。ダイエット停滞期から脱出できるチャンスです!

まとめ

ピーナッツの一部分だけにカロリーが集中するということは考えられにくいため、ピーナッツのポッチ部分が太りやすいというのは迷信だということがわかりました。

しかし、ピーナッツは低GI値食品なうえ、ダイエットに嬉しい栄養素がたくさん含まれています。

しかも、薄皮も一緒に食べるとアンチエイジング効果も期待できますよ。夜食べるのは控え、朝に食べましょう!

自分に合ったダイエット方法が知りたい方は、ダイエット遺伝子検査「遺伝子博士」もおすすめです。

⇒今すぐ遺伝子検査を試してみる

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!