ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

スタバのドリップコーヒーを甘くするたった一つの裏技!

コーヒーを飲む時はミルクたっぷり派だという人は、スタバのコーヒーが苦いと感じている人も多いはず。

スタバのコーヒーは、その日によって豆が変わるので店員さんでも苦いと感じる時はあるのが事実です。

そこで本記事では、スタバのドリップコーヒーを甘くする方法をご紹介いたします!

スタバのドリップコーヒーを甘くする方法は「サイズを変える」

スタバのドリップコーヒーを注文すると、なみなみとコーヒーが入っているので「ミルクを入れるすき間がない・・・」「ガムシロ入れたいけどこぼれそう・・・」なんて思いませんか?

だからこそ、多くの人がスタバのコーヒーをそのまま飲んでいき、「苦い」と思ってしまいます。

そこで、スタバのドリップコーヒーを頼む時に「ワンサイズ大きなカップに入れてください」とお願いしましょう。
決して悪いことをしているわけではありませんので、安心してくださいね。

例えば、Mサイズのカップでコーヒーを注文したなら、Lサイズのカップに変えてもらうだけでしっかりミルクやガムシロを入れるスペースを作ることができます。

実はこの方法、スタバの店員さんもよく行っている方法なんだとか!

だから、甘めのコーヒーにしたい場合は、ぜひワンサイズ大きなカップに移し替えてもらいましょう!

フードペアリングで甘さをコントロールするのもあり!

コーヒーの甘さを変えることなく、苦味をコントロールしたい場合はコーヒーによく合うフードを頼んで、コーヒーと一緒に飲むのもおすすめです。

例えば、スタバにはスコーンやワッフルなど色々な美味しいお菓子が売られていますね。

スコーンはブルーベリーやチョコレートがありますが、甘味をしっかり感じたい時はチョコレートのスコーンを頼んでみると良いです。

逆にブルーベリーを頼むとブルーベリーのすっきりした酸味が口に広がるので、コーヒーの酸味との相性も良くなりますよ。

スタバのドリップコーヒーの苦味は3ランクに分けられる!

スタバのドリップコーヒーは、「ブロンド」「ミディアム」「ダーク」の3種類に分けられて、右へ行けば行くほど深く苦味が増します。

それぞれ、どんな種類の豆が用意されているのか見ていきましょう。

ブロンド

・ウィローブレンド
・ライトノートブレンド

ミディアム

・ブレックファーストブレンド
・ケニア
・グアテマラアンティグア
・パイププレイズ
・ハウスブレンド
・エチオピア
・コロンビア
・ディカフェハウスブレンド

ダーク

・コモドドラゴンブレンド
・スマトラ
・エスプレッソロースト
・カフェベロナ
・フレンチロースト
・フェアトレードイタリアンロースト

ミディアムは、コーヒー好きの人なら飲みやすいと思えるはず。

ダークは飲みにくいと感じることが多くなりますが、季節限定として出されることが多いので、季節限定にチャレンジしてみたい時はどの豆を使っているか先に店員さんにチェックすると良いでしょう。

どのくらいの苦味があるか知った上で、フードペアリングを選べばよりスタバを楽しむことができますね!

まとめ

スタバのドリップコーヒーを甘くする方法は、ワンサイズ大きなカップをお願いしてミルクやガムシロをプラスすることでした。

そのままの容器では、たっぷりコーヒーが入っているのでガムシロなどが入りにくいです。

決して悪いことをしているわけではなく、スタバ店員もよくやる方法なのでぜひお願いしてみましょう。

スタバは季節や日によってコーヒー豆を変えています。

だから、「苦い」と感じてしまうこともよくあるのは仕方ないことですね。

特に、季節限定のコーヒーを頼む時は苦味を感じやすい豆を使用していることが多いので、季節限定を飲みたい時には、自分で飲める苦さの豆を使用しているか店員にチェックしてから頼むことをおすすめします。

そして、フードペアリングも上手く利用してスタバの味を楽しみましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!