アクエリアスの粉がまずいと感じる人は濃いめに作るのがポイント!

  • 2021年4月1日
  • 2021年4月1日
  • グッズ
  • 1View
  • 0件

この記事では、アクエリアスの粉末タイプがまずいと感じる人に美味しく作るためのポイントをご紹介します。
また、アクエリアスが苦い、酸っぱいと感じることがある理由についても解説します。

粉末タイプはまずい、なんか違うときのポイント

アクエリアスを粉から作ってみて、あまり美味しくないと思うなら、粉の割合を多めにして濃い目に作ってみましょう。

アクエリアスなどのスポーツドリンクは、ペットボトルなどではなくて粉末タイプで販売されているものも多いです。

ただ、粉末タイプはペットボトルのものとはなんとなく味が違うと思った事はありませんか?味が薄い、酸っぱいなど、結果的に粉末だとまずいと感じる人も多いようです。

実は、ペットボトルのものと粉末とでは若干成分が異なっています。

もし粉末タイプで分量通りに作っても、味がまずいと感じるなら、濃い目に作ってみるのがポイントです。粉と水の割合を、粉多めにしてみてください。

粉末タイプをまずいと感じる人のほとんどは味が薄いと感じているので、濃い目に作れば美味しくなる可能性が高いですよ。

アクエリアスが苦いと感じる、なんで?

アクエリアスを飲んだら苦いと感じたことはありませんか?

これは、グレープフルーツの味を連想している可能性や、ミネラルの苦味を敏感に感じ取っている可能性があります。

アクエリアスはグレープフルーツのような香りがするので、本物のグレープフルーツを連想して、苦みを感じてしまっているのかもしれません。

また、アクエリアスにはミネラルが豊富に含まれていますが、ミネラルの中でもマグネシウムは苦みを感じやすいと言われています。

その為、喉が渇いていない時や、疲れていない時に飲むと、甘味よりも苦味に敏感になっていて、同じアクエリアスでもいつもより苦いと感じてしまう、という可能性があります。

基本的には苦い飲み物ではないので、苦いのは一時的なものと考えて良さそうです。

アクエリアスが酸っぱいときは体が塩分を欲していない

アクエリアスを飲んで酸っぱいと感じたなら、体が塩分を欲していない状態である可能性が高いです。

汗をかいて体内の水分が不足し、ナトリウムなどの塩分が薄くなると、足りない分の塩分を補給できるように、本来は酸っぱいはずのクエン酸を甘いと認識するようになります。

クエン酸はナトリウムなどのミネラルの吸収をサポートするので、塩分を欲する時はクエン酸も必要とされるのですね。

反対に、体内に塩分が充分ある時は、必要以上に摂取しないように、酸っぱく感じるようになっています。

その為、喉が渇いている時にアクエリアスを飲むと甘く感じるのに、喉が渇いていない時は酸っぱく感じることが多いのです。

体が塩分を欲しているかどうかで、甘く感じるか、酸っぱく感じるかが変わるのですね。

アクエリアスは温めると体に優しい

アクエリアスを温めて飲むと、より体に優しい飲みものになります。

風邪をひいた時の水分補給としてアクエリアスを飲む人も多いですが、特に体が弱っている時は温めて飲むのがおすすめです。

アクエリアスを温めると白く濁ったり、成分が沈殿したりすることもありますが、品質には問題ないそうです。

冷たい方がスッキリと飲みやすい場合もあるでしょうが、冷たい飲み物で体を冷やしすぎてしまうのは良くありません。

体を温めて体温が上がれば、血液の流れが良くなって、血中にある白血球が活発に体内を巡り、風邪のウィルスを退治しやすくなるそうですよ。

ポカリと比較、どっちが美味しい?どっちが甘い?

アクエリアスとポカリスエットでは、ポカリスエットの方が甘い、美味しいと感じる人がわずかに多いようです。

もちろん人によっても好みは違うでしょうが、味を比べてみてどちらが美味しいか、また、どちらが甘いかの調査結果として、ポカリスエットの方が美味しい、甘いと感じた人が多かったそうです。

とは言え、何種類も販売されているスポーツドリンクの中ではポカリスエットとアクエリアスはどちらも突出して人気がある2大ブランドです。

あなたの好みにあわせて選んでくださいね。

>>アクエリアスの粉末をチェック

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!