ちょっと意識高い・健康志向の高い人向けブログ

一人暮らしで自炊しない人は病気しやすい!?自炊しない女の特徴とは?

この記事では自炊しない人が食べているものや病気になりやすいかどうかを解説します。
また、自炊しない人の特徴もご紹介するので、相手が自炊する人かどうかの判断材料に役立ててください。

一人暮らしで自炊しない人は病気になりやすい

一人暮らしで自炊しない人は病気になりやすいです。
健康的な食生活には、野菜や魚介類、豆や海藻など様々な栄養素が必要となります。

これらをバランスよく摂取するのが望ましいのですが、日々バランスの取れたメニューを選ぶのは自炊をしていても大変です。

自炊をしない場合には総菜やお弁当を買ったり、外食で済ませたりすることになり、健康的な食事に近づけるのはさらに難しくなってしまいます。

お惣菜や外食には脂肪分や炭水化物が多く、野菜は少ないという傾向があります。そのため、どうしても栄養バランスが偏ってしまうのです。

毎日の食事の栄養バランスが乱れると、高血糖や肥満になりやすく、いずれは生活習慣病になってしまう可能性があります。

自炊しない人は何を食べてるの?

自炊しない人は総菜や定食を食べていることが多いです。
料理が面倒という人には簡単に食べられるものが人気で、スーパーやコンビニで買える総菜やお弁当が定番となっています。

日本にはコンビニが各地に出店していて、家の近くや仕事からの帰宅途中にコンビニがある場合が多く、すぐに食べられるものを気軽に買えるのも人気の理由です。

また、家ですら食べずに外食するという人もたくさんいます。持ち帰ったり、後片づけをしたりする手間が省けるので、忙しい時は外食にするという人も多いようです。

自炊しない人の特徴

自炊しない人の特徴は、手作りする習慣がない、食材の相場を知らない、大勢で料理をするときにあまり手伝わないなどがあります。
そもそも自分で料理をするという習慣がない人が多く、自炊するという選択肢に辿り着きません。

また、自炊をしないということは材料を買う機会もないので、食材の相場を把握していない人も多いです。

今年は野菜が高い、スーパーのレジが自動化されたといった話題についていけないのです。話題の料理や調味料にも詳しくない傾向があります。

さらに、大勢で集まって料理をする機会があっても、実際の調理の作業はあまり手伝うことがありません。
自炊をしない人には料理ができない、したことがないという人も一定数いるので、どう作業したらよいのかわからないのです。

自炊しない男との結婚はNG?

自炊しない男との結婚は基本的にはNGです。
料理がまったくできない男性と結婚すると、女性がすべての料理をしなければならなくなります。

家庭によっては女性が忙しくても、体調が悪くても、365日料理を作らなければなりません。

そんな苦労に満ちた生活を回避するためには、男性も自炊ができることが重要です。2人とも料理をするタイプなら、日々の食事作りを分担できます。

さらに、料理を作れるだけでなく、きちんと自炊する男性がベター。料理を作れても、日ごろ作ってくれないのでは意味がありません。

毎日の料理の負担を1人で背負わなくても済むように、結婚するなら自炊する男性を選びましょう。

まとめ

自炊しない人は外食や総菜に頼ることになり、健康的な食生活から遠ざかってしまいます。

生活習慣病になるリスクも高まるので、完全に自炊をしないという生活は避けた方が良いでしょう。

自炊しない人かどうかはその言動から、周囲から見て自炊をしていないとわかってしまう場合もあります。

とくに結婚を考えているなら、相手が自炊しない人だと結婚生活での自分の負担が大きくなってしまうので、しっかり見極めてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!